--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
07.10

「 アンタもよくやるよ~ 」

Category: 発達障害
朝から庭でニヤニヤしながら、ペンキ塗りを一人でペタペタ

頭の中ではスピッツの「Na・de・Na・deボーイ」の歌詞が回っている~「笑い出した~ここはどこだろう?」・・・だから・・・自宅の庭ですってw

危ない危ない~きっと脳内の妙なホルモンのせいだな・・・




でもね。もうこの時点で妙なホルモンは消えてしまい、「このままでいっか?」って言ってみたり~パンダのシンシンと同じ育児(ペイント)放棄・・・違う・・・私も授乳(ペイント)再開しよう・・・違う・・・2枚目の写真で周りがガーデンチェアだらけになっているのが見えますか?w疲れたよ~

2012.07.09 031 2012.07.09 022






今、札幌市では「発達障がい児・者支援に関する調査」をしています。

私はそのアンケート調査を書きながら、今までの子育てを通して思い出されたことがあります。



今は「支援ファイル」というものがあります。札幌市では「学びの手帳」という名前ですが、これは一生使える母子手帳のようなものです(息子の時はなかった)生まれた時の状況はどうだったかとか、乳幼児健診はどうだったか、幼稚園、学校ではどうすごしてどんな支援が得られたか、医療機関ではどんな診断がついたかなど、育ちの経過がわかるものです。


息子は仮死分娩で生まれ、幼稚園は多動がひどかったとか、小学校時代は担任に見放され相談機関へ行ったが診断がつかず戻ってきたとか、病院へ行ったのも中学生で遅かったとか・・・そして、高校になってから手帳を意識し出して、今書いた内容を細かく細かく思い出さなければならなかったのです。

いやだ~無理~思い出したくないし~ここまでで結構傷ついていますからね~


その時にこの支援ファイルがあったらと思いました。また、小学校から中学に上がる時、また高校、専門学校へ上がる時にも何度も同じ説明をしなくても良かったんじゃないかと。



ただ、この支援ファイルのことを知っているかどうかってことです。自分でファイルを作って記録しているお母さんは良いのでしょうが、問題は書き出しのスタートですよね。まず親自身(夫婦共です)が認めていなければいけないでしょう~?

スタートは早いほど子供にとっては支援の輪で囲まれることになりますよ



そして今回のアンケートに私が書いたこと

『 診断は早ければ早いほど良いと思う。それには親の気づきが早くないと。乳幼児健診の時点で親の後押しをしてくれると早めに動けるので保健師さんの判断が大事。

ちょっと不安があっても、なかなか相談機関まで行けない親のために、風邪をひいた時とか熱を出したときに必ず行く小児科に「支援ファイル」や「相談窓口」の人資料が置いてあると、大きなキッカケになると思う。小児科の医師や受付の方がうまく誘導して欲しい。 』


ちょっとの勇気で道は開けるように出来ていますよ








出来た!!!6時間かかりました・・・トレリスのペイントの大変さは解っていたのですが、水性ペンキが一番辛いわ。オイルステインの方がまだ広がってくれるから楽かも。適当2度塗りで終了です

2012.07.09 024 2012.07.09 023
 
右腕痛い妙なホルモンが切れても頑張ったw





こんな時、いつも思い出すのは母の言葉です。必ず言われた言葉。

「 アンタよくこんな事やるよ 




斑入り五色ブドウの花~2012.07.09 008




皆さんはこう言われたら、どう思いますか?





2012.07.09 016~山アジサイ





「疲れないの?好きだね~」って・・・どうもその後に「 バカじゃないの? 」って裏音声が私には聞こえたのです。






今日ね。「やっと塗れたよ~」って言ったら、母は「まぁ~キレイね~」って言いました

最近の母を見ていると認知症になる前の母が本当の母の姿なのか~認知症になってからの母が本当の母の姿なのか~解らなくなります。

・・・どっちでも良いんですけどね。

どっちも母です







さて。さて。今日もいくかw(毎日いくんだ・・・)

「みんな~~~幸せになりたいか~~~い?」(毎日この商法でいくんだ・・・)

「はい!幸せになりたい人は下のバナーをクリック!」~私も皆も一緒に幸せになるんだ!

(ごめんなさいね~下のバナーをクリックしないとランキングにポイントが入らないのです~「 愛のひと手間 」をポチッとお願いします


この幸せすぎる5つ葉のクローバーの写真をクリック

               にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ


優勝しました!~ガーデン・エクステリアブログトーナメントに「レンガの飾り塀~完成」の記事で参加しました(1記事の期間限定のトーナメント制)応援ありがとうございました

                        ガーデン・エクステリアブログトーナメント - 花ブログ村
                         ガーデン・エクステリアブログトーナメント









関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://maiko11.blog26.fc2.com/tb.php/1020-a729569b
トラックバック
朝から庭でニヤニヤしながら、ペンキ塗りを一人でペタペタ頭の中ではスピッツの「Na・de・Na・deボーイ」の歌詞が回っている~「笑い出した~ここはどこだろう?」・・・だから・・・
まとめtyaiました【「 アンタもよくやるよ~ 」】 dot まとめwoネタ速neodot 2012.07.10 22:23
コメント
きれいな庭造り・・・まずは雑草処分でしょう(。。;)
ほんの2ヶ月前に、ひーひーいいながら、むしった雑草さんが。。。

どうしてこ~な~る~ん???ってぐらいはびこって、我が物顔にもさもさ増えるのは、、、、なぜ???

      それはお前がなまけるからだよ~

             図星!!うっ・・・打ち抜かれたわぁ~
ねぇさんもこまめにやってるよね~。

ふえぇ~んもう。一人ではどうにもできないわ~

  赤の吟遊詩人ぼるちゃぁ~ん。出番ですよぉ~

 暑いからいや??冬に行く?

  だよねぇ~・・・せっせとむしるしかないか・・・

6時間お疲れ様でした・でもきれいにできてますよ。
きつね母じゃdot 2012.07.10 21:03 | 編集
日課のように読ませていただいています。
ミリわんさん、なんだか人を惹きつける素敵なお方です。

息子は広汎性発達障害で不登校、 なかなかうまくいかず四苦八苦しています。

札幌市は発達障害支援に関してとても進んでいる自治体だと聞きました。支援体制が一本化されて、わかりやすいしたらいまわしにされない、と主治医が羨ましそうに(笑)話していました。

支援ファイルだなんて、そんな素敵なもの…!

わたしの住むところにはそのようなものはないので、当面は自作しないとです。療育手帳もとれないので、精神の手帳をとって支援を求めている方が多くいます。

手さぐりの毎日、ミリわんさんのお庭を見て癒され…ありがとうございます(^^♪

ココタマdot 2012.07.10 21:48 | 編集
おお~~すげえ
トレリス組み立てるのも一苦労ですよね
塗り塗りも凄いなあ
でも私もトレリス計画て立てて
実は玄関に買ったまま置きっぱ(笑)
どこで組み立て何処で色塗るねん!!!ってな
感じでして(T_T)
がんぞうママdot 2012.07.10 21:56 | 編集
DIY女子様を我が家に派遣してほしい!
うちの庭見たらミリわんさん嘆くかも・・・

現在、高齢者介護全般はどんどん進み手厚くなってきましたが、障がい児・者福祉は足踏み状態だと感じています。
各自治体の良いとこどりして支援の幅広げていってほしいです。
ぴろみdot 2012.07.10 22:29 | 編集
トレリス塗装完了お疲れさまです。綺麗ですね!

お母様はどちらが本当の姿ですかねー。「・・・どっちでも良いんですけどね。」って思えるのがミリわんさんの強みでしょうか。素敵ですよ。
もうdot 2012.07.10 22:33 | 編集
 あんたよくそんなことやるよって、あんたはすごいよって言ってるように思えませんか?自分には出来ないことを良くやっている、わたしゃ負けたよって感じ。私は愛情感じちゃいました。お母さんの表現の仕方だったんだと思います。
猫亀さんdot 2012.07.10 23:04 | 編集
すっごいパワーやね~~
ラティスは予想以上に手間も時間もかかるよね~~
妙な物質が脳をコントロールして
かなりテンション上がらない限り
私はもうコリゴリだ~~
ってか、塗る場所がない!とも言う。。。

バランダは只今ジャングルでございます。
人間どころか、猫すら出る事を拒むほどの茂りよう・・・・

明日からまた神戸は雨なんだって~~~
ムカデとナメクジの居場所にならないようにしなければ・・・

起きる事ができたなら
お部屋のお片付けかな~


roco*dot 2012.07.11 02:18 | 編集
完成おめでとう~
これは大変だったでしょうね!
でも、妙なホルモンが出てる時にいっきに
やらないとね~
私もそう。今、ちょっとホルモン低下して、次になにやるか
冷静に考え中(^^)

そうなんだよね~どちらも母にはかわりないのよね~
うちなんて、兄と私に対する態度が全然ちがうの。
でも、それでもどちらも母ではあるんだよね(^^;)
ゆるり花dot 2012.07.11 11:02 | 編集
今日は珍しく早く来てみました。
まず読んだらポチとします。
幸せになりたいもの。v-254

そうしたらミリわんさん3位よ。おめでとう。
凄いね。
こうして皆がミリわんさんのブログ見て救われている人も
温かな心になって行く人も沢山いるってことよね。

発達障害の事、ミリわんさんがそうして書いていくうちにもう考えたくないなんて思うわね。

息子さんは生まれた時からそんな状態で生まれてきたのね。
何だかミリわんさんいろんな事があったとおものですが、
そんなように書かれていない。
それはどうしてなのかな?
私も自分の事やいろんな事書いたらきりがないほどです。
幸せな毎日送っているねと人から言われたことあります。
ブログ見るとそうみえるって、

あの素敵になりましたね。
とってもいいよ。うんうん我が家もやってほしいくらいです。
きっとミリわんさんだから神様が乗り越えられると言う試練を
与えているのだと思います。

私は試練与えられたけど、乗り越えられなくって病気になりました。
長い間苦しんでいました。
今ようやく元気になりましたね。
もう10年以上も前の事。忘れることにしました。
Loveママdot 2012.07.11 11:26 | 編集
おぉ〜〜〜

ほんとキレイに塗りましたねぇ。

お疲れ様です。^^

ねぇさん、ほんと、よくやるなぁ〜

すごいねぇ〜

アッパレだわぁ〜
まいdot 2012.07.11 12:09 | 編集
6時間! 苦労って報われますね、バッチリ、キレイに完成ですね^^
『アンタよくこんな事やるよ。』『疲れないの?好きだね~』の後に・・・
わたしには、『根気があって、スゴイね^^ (わたしにゃ、できないよ~)』と感心する声が聞こえます^^
昔のお母さまも今のお母さまも、ありのままのお母さまだと思います。
今のそのままを受け止めて、支えてさしあげて暮らして行ければと思います m(_ _)m

(うちの母も、介護生活始まって5年ぐらい経った2005年頃、性格まで変わってしまった?と思えて苦しい気持ちだったおりに、クリスティーン・ボーデン(現ブライデン)さん(若年性アルツハイマーのご本人)の『私は誰になっていくの?』と続編の『私は私になっていく』という本を読んで力をもらいました。 本人が、一番自分が自分でなくなって行く感覚に、恐れ不安に思い見放されたように感じ、混乱し気が滅入り励まされないと感じている・・・と、本人ならではの心情の吐露を読んで、それでも、適切な介助者・ケアパートナーが居て、介護の専門家の支援があって、心落ち着く環境があれば、生きていく希望があるという内容に励まされました。 それまで、今に何もできなくなってしまう、自分が全部かわりに背負ってあげなくてはと気負っていた部分が大きく、自分で自分に気持ちの負荷をかけていた部分を、介護のプロにお任せできる部分はおまかせして、少しずつできなくなっていく部分をその都度サポートしてあげて、できることをなるだけながくできるように工夫してあげよう・・・優しい気持ちで接することができるように、自分に余裕ができるためになることは(デイやショートなど)罪悪感を感じずに利用させてもらうようにしよう・・・と気持ちの切り替えができるようになって行きました^^ 今、母はとても穏やかな優しい人として、わたしの前に居ます。 笑いあって見守っていられることが幸せです。 長文、失礼しました。)
Manadot 2012.07.11 12:20 | 編集
こんにちは♪

読み逃げ、ポチ逃げしようと思ったけれど、↑Manaさんのコメントを読んで逃げられなくなりました。

「私は私になっていく」

認知症ではなくても、これから少しずつ何かができなくなったり、好みが変わったりで、今までとは違う自分になっていくことでしょう。
いえ、これまでも変わってきているのだろうけれど、まだそれを受け入れるエネルギーがあった。でもこれからはそれもなくなるかもしれない。

そのときに「私は私になっていく」ことを知っていれば、いらいらもせずに受け入れられるのかなと思います。

Manaさんの言われたいことと私の解釈はずれているかもしれませんが、なんだかとても納得しました。
ゆんこdot 2012.07.11 13:30 | 編集
ミリわんさんは、どっちのお母さんが好きですか?
もしかして、今のお母さんのほうが好きなのかな?
そんな風に思えたりしてる・・・

子育てって、本当にいろんな事がてんこ盛りですね。
世のお母さん方!本当にエライんだな~

私の友達のお嬢さんも、結局、入院する結果になりました。
このまま家にいて、今までと同じようにしていても何も始まらないと、友人がやっと決心しました。
障害のあるお子さんと正面から向き合う勇気がないと、共倒れになってしまうんですね。
親がよっぽどの覚悟を示さないと、子供に伝わらないこともある、と感じました。

どなたも、それぞれいろんな物をしょって生きてるんだな~~~
そしてみんな幸せになろうともがいている。
幸せになろうぜ~~~ぽち v-221
モモコdot 2012.07.11 16:18 | 編集
伝える言葉はとても大事だと私は思います
加齢とともに心がおきざりで唇のみの動きになりますね
相手の反応をみてとるハートがあればいいですね
許してききながすようにしています

ミリわんさんは常に介護の真っ只中、角度や立場,想像したり悩みぬいたりと心をフルに遣っておられます
今のミリわんさんで充分すばらしいです
文もユーモアあふれてて素敵
マーサdot 2012.07.11 20:25 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。