--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
01.20

血の涙が必要なんだって

Category: うまうま話
また今日もコメントからのネタで・・・

だってさ。みんな。良いこと書いてくるんだもん!



昨日のきつねさんのコメント

忍の花は美しいけど咲かすまでには、血の涙が必要



結婚生活に限らず、耐えることはずっとありますね。でも、ひとつの楽しみで10個の苦しみを忘れることも出来るのです。だからこそ「ひとつの楽しみ」のなんと大切なこと。

そして。

痛いこと。苦しいこと。嫌なこと。

なかったことにしたくて、人間って勝手に忘れようと頭の中で指示が出るんじゃないかしら?


私。これって。認知症のスイッチでもあると思っています。





そして。

痛いこと。苦しいこと。嫌なこと。

こればっかりが頭の中でずっと回ってしまう人がいるのも事実。

「たくさんの楽しみ」が目の前にあるのに「受け取らない」

・・・もったいないな~・・・代わりに私がもらっても良いですか?



え?ミリわんにあげるくらいなら、自分でもらう?

そそ。それで良いのよ~w







今日の義母への夕食は「マグロとエビの漬け丼」とサラダ

昨夜から漬けておいたの~RIMG0012_20130120221930.jpg

マグロは昆布醤油に少しめんつゆ、わさびも入れた漬け汁に入れて一晩おいて。生の甘エビは直前に塩麹と白だしで合えて。

そうそう。北海道でエビのお寿司といえば、普通、生エビですから。

RIMG0014_20130120222311.jpg~トロッとな。

ご飯は酢飯にして、いつもの海苔はザクザクと切れ目を入れてかみ切れるようにしたものをちぎってね。

この点々の穴が見える?~RIMG0010_20130120222551.jpg

むき枝豆もチンして白だしをかけました。




夕方、今日一日中雪かきをしてくれたダンナが義母宅へ運び、一緒に食べてきました。私と子供たちは家で。ここのところ日曜日の夕食はこんな風に別々で食べるようになりました。

「一緒に食べる人」がいるっていうのは大事なことですね。

義母も週に1度でも息子と食事ができて良かったです。この生活が良いのかどうかは解りませんが、たぶん今は義母にとって正解なんだと思います。



お舅さん、お姑さんの介護は嫁に決定権がないので、今までそこがストレスでした。

でも。逆に「責任はとらないよ」と思ってから少し楽になったと思います。

私の「忍の花の色」って・・・血の涙の色?・・・いえいえ。そんな重いもんじゃありませんよ~



え?ミリわんの花の色。どす黒いって?おほほほほ







ではでは~で。ランキングは2位~皆さんいつもポチありがとうございます

ということで・・・ごめんなさいね・・・下のバナーをクリックしないとランキングにポイントが入らないのです~私にあなたの「 愛のひと手間 」をポチッとお願いします


この「幸せすぎる5つ葉のクローバー」の写真をクリック

               にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ


優勝しました!~ガーデン・エクステリアブログトーナメントに「レンガの飾り塀~完成」の記事で参加しました(1記事の期間限定のトーナメント制)応援ありがとうございました


                        ガーデン・エクステリアブログトーナメント - 花ブログ村
                         ガーデン・エクステリアブログトーナメント



関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://maiko11.blog26.fc2.com/tb.php/1213-e181591d
トラックバック
コメント
嫁の血の色ってどす黒いほどいいのかもしれないよ~^^

なぁ~んにも義母に対してしなくなったら、兄弟同士で、面倒みてるもん。義父が生きてる時には、まったく足を運ばず。私が余計なことして

いやがられてたもん。義母は若返り老介護も無くなり、毎日元気に遊んでますわ。(いい傾向だ^^)

家族としてはさびしいかもしれないね。休日の貴重なお夕飯に、ご主人がいないのは、我が家はいつもおりませんので、誰も何にも言いませんわ~長男も次男もバイトで不在だしね
私が不在になったら、ちび~ずだけの時間が増えるので、ちと心配な面もあるな。。。そんときゃ。暴君にいていただきやしょうかね~

嫁は嫁どこまで行っても他人なの

              0小路君0の小話より
きつね母じゃdot 2013.01.20 23:55 | 編集
こんばんは♪

血の涙、一度だけ流したことがあります。
それを流したとたん、さぁっと光が差したの、覚えていますよ。
あれはとても不思議な体験だったなぁ・・・。

日曜日の夜の家族の団らんにご夫婦が別々なの、寂しいですね。
でも理由があることだし、それを喜んでいるお義母さまがいるのだから良しとしましょう。

嫁は嫁、どこまで行っても他人・・・気持ちが楽になります。
ゆんこdot 2013.01.21 00:12 | 編集
あ、ミリわんさんの結婚記念日、私の誕生日と一緒〜♪

わぉわぉ〜♪


嫁は嫁どこまで行っても他人なの・・・

はい、私もしっかり復唱させていただきました。笑

だよねぇ〜〜〜。

義理と人情みたいな?変テコな責任背負いたくないも〜〜〜ん。

長男の嫁(旦那は長男です)とか言われたくないも〜〜〜ん。

長男とか次男とか長女とか関係ないやろ〜〜〜。


あ〜〜〜、なんかスッキリ〜〜〜。笑

ん?人んちのコメ欄で何してる?私?笑


まいdot 2013.01.21 10:47 | 編集
一年以上、毎日のようにブログを読ませていただいていましたが、初めてコメントさせていただきます。
失礼ながら初めは、多肉植物、犬、ゲーム・・・私にはあまり興味のない話題でしたが、今はお母様達の介護のお話にがっつり食いつき、いろんな話題を、楽しく読ませてもらっています。
ミリわんさん、ものすごくがんばってます。ほんとうに全力で介護されていると思います。
私自身の親の手伝い(まだ介護とは言えないレベル)で、弱音を吐けないなっと、反省しきり。
最近思ったのが、お義母さんの訴えに対する対応のこと。
家の母、「あれがつらい、これが大変」と様々訴えてきます。私がそれらを何とか解決できないかと、対策案を言ってみるのですが、それがことごとく却下。じゃ~どうすればいいの、って言いたくなります。が、そこで思ったのは、一番は対策案がほしいのじゃなくて、「おかあさん、大変だね、つらいね、がんばってるね~」って言ってほしいのかなって。
取り留めのない、的外れのコメントかもしれませんが、とにかくこれからもミリわんさんのブログ応援しています。
かめこdot 2013.01.21 11:28 | 編集
お義母さまへのお持たせの海鮮丼、美味しそうです~♪
ものごとは、なるようになる、なるようにしかならないと、
腹をくくれると楽になりますよね^^
自分だけが無理して、がまんして・・・って暮らしは長くは続きません。
協力して、協力してもらって、全体がバランスよく、
辛いことがあっても、適度に笑えて、自分で自分を癒すことができれば、
血の涙は要らなくなりそうです (*ゝω・)ノ
Manadot 2013.01.21 15:39 | 編集
そうね~ ひとりの食事って楽しくないんだろうね(..) まだ若者がひとりで食べるのは、そうでもないんだろうけどね・・・
今、うちの母が寝込んでるので週2回ほど姉と交代で来ていますが・・・今週から週4かな~ 姉の娘(中2)が靭帯断裂で明後日、手術なので(>_<")
私のぎっくり腰も、まだ完治していないし~一昨日から胃が痛いし~
何でまた、いろんな事が続けざまに有るんだろうと・・・こんなもんなんだろうね( ̄▽ ̄;)

でも来週、弟が来るかもしれない!と思うと、嬉しくてしかたないみたいだよ!
だから、ミリわんさんのダンナさんは、かなりの親孝行しているんだよ!
ご飯を作るのは、嫁としても(^o^;)
息子の居ない私には、一生わからないだろうけど・・・


ふくママdot 2013.01.21 16:10 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2013.01.21 16:52 | 編集
こんばんは!
私も血の涙・・かどうかどうにもならない悲しい涙を流したことが有ります。
理由を墓場まで持っていこうと誰にも話したことが有りません。
誰しも血の涙 流すときって有るものでしょうかね~~。
どんな楽しい幸せな時間を過ごしていてもそこの底に流れている悲しみをどうしようもありません。
話が変な方向へ行きそうで辞めます(笑)

お義母様のお食事 とても美味しそうです。 しばらく丼物食べていないので食べてみたいですよ~~♪
お義母さまはお幸せですよね。
yasukondot 2013.01.21 17:59 | 編集
え?!
血の涙~
なんだか、私、怖いわ~

そうね~1人の食事って、きっとみんなで食べるより
美味しいが半分だろうね・・・

こんな美味しいご飯、子供と食べれて、義母さんは
幸せだよ!
ゆるり花dot 2013.01.21 20:33 | 編集
血の涙!!
私もこう見えても何度も流しているよ。

でも記憶から抹殺したいくらいの事だから、
あんまり思い出したくないのよね。

人生苦しい時があれば楽しい時もあるよね。
苦しい時が長かったな。~

Loveママdot 2013.01.21 20:47 | 編集
 それで元旦那さんとはお別れしたわけでありますが。でも例え血の涙を流してもいつかは癒える時が来るはずです。私は完全には未だ癒えていない状態と思いますが、時間と言う素晴らしい味方がきっと癒してくれるはずですね。
猫亀さんdot 2013.01.21 22:13 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。