--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
04.06

命がかかっているかどうか

Category: つれづれ事
3日ほど前から、なんとなく母達のオシッコに関することに考えさせられています。



今日から定期的に行くショートステイの母。

ショートの前はいつものひともめ・・・母が私の作った荷物を見て「こんなに尿取りパッドを入れて、あたしはもらしたことないのに、一体この量はなんなの?!」と急に激高

「うん。保険だと思って」と言っても中を出し始め、しまいに「こんなものいらない!」と言って袋ごとソファに投げつけた。

それが思いのほか弾んで、母もビックリしたりしてw

おおぉーーーやるなぁ~wっと思って見ていたけれど。

仕方ないので「昨日も私はママのズボンとパンツをお風呂場で洗ったんだよ」と言ったら~「・・・え?!」って黙った(本当にビックリしている)

家族の洗濯物入れの中に濡れたズボンとズボン下、パンツが入っていたので、なんとなく臭いがそこらじゅうに漂っていた洗面所・・・ついでに洗濯機もドラム洗いしちゃった。



今日は今日とて義母の家のゴミを取りに行って、帰りの車の中は一週間分の義母の尿取りパッドの臭いで・・・




その臭いの中、「そういえばミリィのお世話をしている時だって、毎日のようにオシッコをもらし、吐いて、下痢して・・・その掃除に追われていたんだった。その時は全く嫌だなんて思わなかったのにな・・・」

どこが違うんだろう・・・?

考えました。




それは「命」だ。

「命」にかかわるかどうか。

認知症や老化による下の始末は命に関わらないもの。

ミリィの時のリンパ腫によるものはオシッコの量や色、頻度も必死で見ていた。



そうだ。お世話する私の必死さが違う



必死さがないということは「甘え」があるんだろうな・・・・・




なんて。そんなことを考えながら帰ってきた私です






一昨日、裏庭の雪割り中に掘り起こしたボッキリ折れたレンギョウの枝・・・

おいたわしい・・・RIMG0025_20130406003244.jpg


この日の裏庭はこんな感じ~RIMG0026_20130406003919.jpg

昨年敷いた石の砂利が見えているわ!

でも、そこに雪を移動させて埋めちゃったけれどねw

RIMG0029_20130406005107.jpg~これで全体が融ける。






ではでは~で。今日のランキングは2位。皆さんいつもポチありがとうございます

ということで・・・ごめんなさいね・・・下のバナーをクリックしないとランキングにポイントが入らないのです~私にあなたの「 愛のひと手間 」をポチッとお願いします


この「幸せすぎる5つ葉のクローバー」の写真をクリック

               にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ


優勝しました!~ガーデン・エクステリアブログトーナメントに「レンガの飾り塀~完成」の記事で参加しました(1記事の期間限定のトーナメント制)応援ありがとうございました





                        ガーデン・エクステリアブログトーナメント - 花ブログ村
                         ガーデン・エクステリアブログトーナメント




関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://maiko11.blog26.fc2.com/tb.php/1285-af396753
トラックバック
コメント
え?そうなの?
私、ミリィちゃんは、ミリわんさんのお子さんだから、我が子のシモの世話はなんてことなくて、
親のシモの世話は、いろんな思いも重なってしんどいものなんだって思ってたわ^^;
母親なら子供のうんPも愛おしいでしょ?

でも、命に関わるかは、すごく重要なことなんですよね…
Saoekodot 2013.04.06 06:44 | 編集
私も親の下のことになると眉間のしわが深くなるのに・・・

れいやくぅーが粗相したお布団洗うのなんともないよ~^^

この差は命と言うより・・・いとしのわが子のもの

自分を生み出した親への、衰えて行く様のもやもや感ではないかな?

実家の母がトイレ~とあたふたしだすと・・・なぜか心に中に言い知れぬ、もやっと感が生まれます。命に別状ないんですけどね・・・
認知症でもないけど

ワンズ達も命の別状はなくても粗相すると血相が変わるのだ・

この代わり方はまったく別物で・・・母がちっ。ならワンズは、でてしまったか?の差です

この中に罪悪感よりも。嫌悪感・・・?ってきがします
きつね母じゃdot 2013.04.06 13:20 | 編集
なるほど
確かに
闘病中の尿って出ただけで
生きてるくれてる感が喜びに変わりますものね
がんママdot 2013.04.06 21:42 | 編集
こんばんは♪

友人が、「自分の子どものおしめを洗うのはなんともなかったけれど、自分の親のを洗うのは抵抗があった」と言っていました。
いくら自分を育ててくれた人でも、自分の血を分けた子どもとは違うのかなと。

私もLEVINのpeeや「う」を触るのは平気ですが・・・。
ゆんこdot 2013.04.06 22:15 | 編集
かなり前 実母が何ヶ月間か うちで滞在していました。
その頃から しょっちゅう オシッコをおもらししていました。

今ほど 尿とりパッドもいい物がなく 母の衣類の洗濯に追われていました。

頭はしっかりしていて 私に何度も謝る母を いとおしく感じていました。
でも それって 数ヶ月間だったからかも知れません。

義姉の入院が長引き 母は兄と暮らすか 私の家で暮らすかの選択肢を迫られた時 泣きながら 自分の家で暮らす。

私の夫が良くしてくれればくれるほど 気ずつないと 本音が出ました。

きなこ60dot 2013.04.06 22:48 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。