--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
05.27

「死ぬとき私は誰になっているのだろう」

Category: 介護の話
昨夜一晩熱は出ずに過ごせました。

母をデイサービスに送り出さなければならないし、ダンナも出張に出るのでひとまず起きて送り出してからお薬を飲み、又寝ました。

札幌は今年初めての夏日こんな良い日にもったいないと思いつつも、自分の身体を休めることを優先に・・・



昼近くに起きて、まず庭へ・・・


居間から庭に出るドアの正面奥でひっそりと黄花カタクリが開花していました。

意外と大きな花~RIMG0426.jpg


庭もかなり緑が増えてきました。昨年に比べそれはそれは遅い芽吹きですが、シーズンスタートの喜びは同じです。

RIMG0428.jpgこの庭があって良かった


この写真の右側、庭に出るステップに座り込み久しぶりのコーヒーを飲みながら、読みかけのこの本を2時間近く読みました。(でも、体調が悪いとコーヒーが不味い・・・

ええ・・・これは縁側で日向ぼっこしながら本を読んでいるおばあちゃんの図w

付箋がついています~RIMG0430.jpg

ん?っと思ったところにバシバシ付箋をつけながら読んでいきます・・・ほら、すぐ忘れちゃうからね。私が。今、この本の付箋は写真の3倍になっているw




「私は誰になっていくの?~アルツハイマー病者からみた世界」クリスティーン・ボーデン著




実は喉の痛みと鼻水で病院へ行った時にこの本を持って行って読んでいたのです。かなり前に買ったまま読んでいなくて・・・いえ、読みたくなくて・・・

病院で読み始めて、認知症を突き付けられて、逃げ場がなくなって・・・夜、熱が出た・・・?w




オーストラリア在住の方が書いた本です。

原題が「死ぬとき私は誰になっているのだろう」です。

別の知らない誰かになっているかもしれないという恐怖。




ポカポカの日差しの中、日焼け止めクリームも塗らずに、意識が逃げたくなるのを抑えながら読み進みました。だからものすごく時間がかかったし、やっぱり付箋が大事ねw結局読み終えたのは先ほど・・・


以前、別の本に認知症を発症したらその後の平均寿命は5年と書かれた本を見て「ウソだぁ~」と思ったことがあります。認知症から寝たきりになって10年20年と生きている方がいるでしょうと・・・

認知症は脳の病気なので精神科ではなく脳外科です。そんなことさえつい忘れてしまう介護の日常です。

アルツハイマー病が原因で死ぬことはない。と思っていました。

オーストラリアでは死因として4番目に多いものだそうです。

若年性アルツハイマーの生存予想年数は診断後8年。老年性で15年程度。



物事のやり方を知る能力を段々失い、ついには身体を機能させることも忘れてしまう



そうか・・・身体の機能まで忘れるから死んでしまうんだ・・・

介護する方は辛いことやわずらわしいことが多くて、どんどん現実から逃げることばかりを考えてしまいます。



今回の発熱は覚悟の熱だ・・・なんて・・・



終わりの見えない介護じゃないんだぞ!っと。





これから少しずつ付箋を見ながら紹介していきますね・・・ええ・・・続編も買ってあるんです・・・





ではでは今日はこの辺で

今日のランキングは3位・・・っていうか・・・1クリック差w皆さんいつもポチありがとうございます



ということで・・・ごめんなさいね・・・下のバナーをクリックしないとランキングにポイントが入らないのです~私にあなたの「 愛のひと手間 」をポチッとお願いします


この「幸せすぎる5つ葉のクローバー」の写真をクリック

               にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ


優勝しました!~ガーデン・エクステリアブログトーナメントに「レンガの飾り塀~完成」の記事で参加しました(1記事の期間限定のトーナメント制)応援ありがとうございました





                        ガーデン・エクステリアブログトーナメント - 花ブログ村
                         ガーデン・エクステリアブログトーナメント




関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://maiko11.blog26.fc2.com/tb.php/1337-60b696e4
トラックバック
コメント
ミリわんさん、これからは北海道もいい季節になるでしょうから、体第一でゆっくり庭仕事してね(^^)それにしても相変わらず素敵なお庭ですね♪
この本、怖いですね。私はボケて家族に迷惑かける前に死にたい…って思うけれど、人生そううまくいかないだろうな…。
hanadot 2013.05.28 06:10 | 編集
ミリわんさん、熱はもう下がったの?
お具合が悪いのに、応援コメントくれてたんですね。ありがとうございました!!とっても励みになりました。そして、おめでとうコメもありがとうでした!

ミリわんさんが、この本買ったけど、読みたくなかったっていう気持ち、わかる気がする。きっと私も同じ立場だったら、そうしたかも。
病気ではないけど、昔、「アルジャーノンに花束を」っていう本読んで、
だんだん自分を失っていくというのは怖いって思ったことを思い出しちゃった・・・

ご主人、ドイツに出張なの?かっこいい~~!
それに、ご家族のみなさん、優しいね^^ 家族っていいですよね^^

お身体、どうぞお大事に。
ゆっきぃdot 2013.05.28 11:27 | 編集
調子の悪い時は、ハーブティーが一番だとドイツのおばぁちゃんが言っていたよ^^テレビでね~
白系ロシア人の曾祖母はいたけど・・・ドイツはいないんじゃないかと思ったりするが、先祖の中にはいたかもね~^^そう考えるとなんかたのしいねぇ~
ちなみにフレッシュが一番効くとか・・・

きつねは一番好きなハーブティーはミントっす。

死ぬ時は誰なんだろうネェ~膠原病の場合は認知症にかかる割合は少ないとかで激痛で意識を失うパターンらしいので・・・たぶん自分のままで・・・終わりそうだね・・・現在は。できたら怖がりなので。。。自分を忘れてもいいので。。。認知症で特養老人ホームで死なせてください

と思うけど・・・家族のことなので・・・早々に突っ込ん出くれるだろう・・・
きつね母じゃdot 2013.05.28 22:05 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。