--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
06.06

私は癌になりたかった

Category: 介護の話
ごめんなさい。今、ガンで闘病している方たち。

私はとっても不謹慎なことを考えていた時期があります。






昨夜、久しぶりに気持ちを吐いたので、今日はグッタリ・・・シャンと動けずに出かけるのもやめて、良いお天気なのに家から庭を見たり、お日様に誘われちょっと庭に出てアプリゲームで遊んだり、暑くなってまた家に入ったりw

ポチたまの松本秀樹さんが立ち上げたNDSからのお便り。「うれみみ便り」が届きました。

「うれみみ」?~RIMG0539.jpg

ここはペット同伴避難の働きかけで動いている団体です。毎年20万頭の犬や猫が殺処分されている日本。子供達に向けては、今後飼っている動物を「捨てよう!」とか「誰かにあげてしまおう」という気持ちが、子供達の心の湧いてこないような国にしたい、というイベントも各地でおこなっています。

この「うれみみ」という言葉に~ミリィは常に「うれみみ」状態だったなって思い出しました。生まれつきなのか、ラブラドールのくせに耳がちゃんとたれてくれないのです。いつも後ろにぺとっとくっついている。

プロフィールに使っている「振り向きミリィ」の写真も耳がペタッとなっていますね~w

ミリィはいつも嬉しかったんだ。きっと私達家族と一緒にいて嬉しかったんだ。と勝手に思ってみて~ちょっと泣いてみたり・・・






ちょっと。昨日の続きを・・・






結局。ダンナが根負けして「呼んであげればいいでしょ」という言葉で、折れました。私自身が納得していないのに、義父と義母に説明に行き「一人で生きていけない状態じゃないのに、なんで?」と聞かれても・・・「今だってずっと週中は泊まっているんでしょ?」って・・・はい・・・すみません・・・




で。その時はちゃんとした説明を義父たちに出来なかったのだけれど、母は引っ越してくることに。もう生気もなく、どんどん表情のなくなっていく母を待たせられなかった。居間を区切って母の部屋を作り、そこにあったピアノを別に作った部屋に移すことに・・・





とにかく同居してからは母を区役所主催の「老人大学」へ入れたり(嫌がったけれど毎週私が車で送り迎えして~意味がないなw)町内会の老人会へ入会させたり・・・近所の散歩とか・・・すべて続かず・・・

とうとうずっと家の中で引きこもる母と一緒の生活へ。



その母を引き取る少し前にミリィがやってきたのでした。動物はすべて嫌いな母は猛反対でしたが、「この家はダンナの家だから。決めたのはダンナだし」と言ったら、あきらめた。

大嫌いな動物と一緒に住む。母はそれほど必死だったんだと思う。


後から自分でも「あの時はどうかしていた。この家にこなきゃ良かった」とよく言っていたものw

だからこそ。ちゃんと病院へ連れて行けば良かったと後悔しています。少しのお薬で楽になれたかもしれないのに。うつっぽくなってしまったら、そばにいる家族が適正な対処をしなきゃならないのにね・・・

あ・・・私自身もうつっぽくなっていたし・・・それどころじゃなかったかも・・・





怖いことに、そんな家庭になって、逃げ場もなくなったら、夫婦もうまくいかなくなるのです。ずっと居間にいる母に遠慮して自分は2階でTVを見るようになったダンナ。

お互い不満を言い合いませんでした。





その頃です。「ああ~私、癌にならないかな~」って常に思っていました。

父を肝臓ガンで亡くしたのに。苦しんでいる父を見ていたのに。自分もなりたいだなんて。




「癌になって入院したい」というのが1番の望みで、その後は死んだら死んだで、それでもいいという感じだったと思います。家から正当に出る理由が欲しかったというだけですね。

ガンの闘病中の皆さん。ごめんなさい。本当に失礼なヤツで。




母の方はさておいて。ダンナとの修復は今考えると結局心屋仁之助さんが言っている「ちゃんと言う」ことでした。

「ちゃんと自分の気持ちを伝える」

アナタのここが嫌だ~じゃなく~アナタのここで私はこう感じて悲しくなった、という言い方が良いらしいよ。

アナタの欠点~じゃなく~私の気持ちを口に出す。自分軸の話をする。

ま。その時の私にそれが出来たのかは憶えていないけれどw



話し合いの結果、離婚はせずに、今に至る・・・あ。これも私が勝手に離婚する気だと思い込んでいたし。

話さなきゃ解らない。

話しても解らないんだから・・・w



長文になってきたので、今日はここまで






結構ヘビーになってきているので、コメントなしで今日は寝ます。



ブログ村のランキングに参加しています。

今日のランキングは~あ。2位です皆さんいつもポチありがとうございます



ということで・・・ごめんなさいね・・・下のバナーをクリックしないとランキングにポイントが入らないのです~私にあなたの「 愛のひと手間 」をポチッとお願いします


この「幸せすぎる5つ葉のクローバー」の写真をクリック

               にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ


優勝しました!~ガーデン・エクステリアブログトーナメントに「レンガの飾り塀~完成」の記事で参加しました(1記事の期間限定のトーナメント制)応援ありがとうございました





                        ガーデン・エクステリアブログトーナメント - 花ブログ村
                         ガーデン・エクステリアブログトーナメント




関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://maiko11.blog26.fc2.com/tb.php/1347-e6b5145b
トラックバック
コメント
私は、すごく乳がんになるのを楽しみにして来たんですよ。
乳がんになったら両胸取っちゃうの。
私、胸が大きいのがコンプレックスだったから。
高校生でFカップがきつかった(笑)
ナンパも痴漢も、どんと来いな生活だったわ。
今は通販でしか下着買えないし。
肩こりもヒドイし。
母も乳がんだから、遺伝的になる確率も高いだろうし、どうせなら楽しみにしておこうかと(^_^;)
乳房再建手術でほどほどの胸を手に入れるんだ♪って。
病気を望む理由があってもいいんじゃないかしら…
Saoekodot 2013.06.07 14:22 | 編集
私は義理姉が乳癌になってすごく悲しくて…今は元気だけどね!

でもミリわんさんの気持ちもわかる気がするわ
いわゆる逃避行だね…
でも人間誰でもそんな時あるよ!
私も息子育ててる時に
「あー1人暮らししたい」って思ってたもの…


うちの場合は小学生くらいから私の方がしっかりしてたと思うのよ
親に向かって「あんた大丈夫?」って思ってたもの…
だから呪縛ってあんまりないかも…

今はもう親子逆転だよσ(^_^;)
ゆるり花dot 2013.06.07 15:47 | 編集
死にたいとか病気になりたいとか思うのって、悪いこと?

いいじゃない、今なんだかんだ生きてるんだから。
みんつぇdot 2013.06.07 18:41 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2013.06.09 16:37 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。