--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
08.15

家での最期って

Category: 介護の話
本州の猛暑のニュースを見ながら・・・北海道のこの夜の涼しさ・・・いや寒さ?はなんだろうと・・・半そででは寒いくらいです。

北海道の夏ではいつもことですが。夜はぐっと気温が下がります。寝苦しい夜なんてそうそうありません。



今日の新聞で今年の夏は避暑で北海道へ旅行する人がものすごく多いとありました。どうぞ長袖を持っていらしてくださいね。お待ちしています






百合が終わり、でもまだアジサイが咲き切ってもいなく、道路脇ではコスモスが咲き、北海道の夏のいつものギュッとつまった植物の命の燃え具合。

一番奥の庭のコーナーでは風鈴オダマキが一番花を開花させました。見ずらいね・・・これよ~

RIMG0109_201308150016148ed.jpg RIMG0110_201308150017102a4.jpg

花も可愛いけれど、蕾のまんまるなところが萌えポイントです

RIMG0112_20130815001833c6e.jpg RIMG0113_20130815001857ec6.jpg






お盆でどうも父とお友達を連れたミリィが帰ってきているようなので、ミリィにはオヤツを買ってきてあげました。みんなでウマウマしてね。

私はあの世に父とミリィがいるというだけで、死ぬことが怖くなくなりました。死ぬ瞬間は苦しいでしょうが、その後の再会がとても楽しみでもあります。

これは父が死ぬ何日か前に言った「死ぬのも楽しみなんだ。どんな世界なのかな?」って言葉が解ります。






昨日のペットの安楽死の話しから、これは人間も同じことだと思いました。

自分はこう死にたいという意思表示は認知症になる前に家族に伝えておかなければね。


2日前にTVで尊厳死の話をしていて、それと共に家での最期を迎えたいと望む方が多いと・・・

でも。それが叶うのはごく一部。これは最後まで家で介護する家族のことを考えていませんね。




ただ。

ほんの少し前まで、私は母の介護は嫌で嫌でしかたありませんでした。逃げたくて仕方なかったから、もちろん家で最期まで看るつもりはありませんでした。

当然、最後は病院だろう~と漠然と考えていたのです。




そのTVで実際仕事を辞め、自分の母親を最期まで在宅で看ると決めた娘さんの映像を見て、なんとなく自分でも「私も出来なくはないな」ってウッカリ思ってしまいw、自分でもビックリしています。

こりゃ~スゴイことだぜ

・・・いや。やらないよ。きっと。たぶん・・・




今は考えない。

その時考える。





明日はダンナの実家のお墓参りに行ってきます。

なので母はいつもよりも一日早くショートステイにお世話になります。



朝、お迎えにきてもらってから、ゆっくりガソリンを入れたり、お供物やお花を買って、ご飯を食べてから出発する予定です。

ダンナや息子、娘と4人でドライブするので楽しみであります




お墓が遠いというのは、逆に旅行気分で良いこともあるな~って・・・北海道は渋滞もないしね。

あ。なので。ぜひ。北海道へ避暑にいらしてくださいね。

って。観光大使か?!







ブログ村のランキングに参加しています。

今日のランキングは~2位!~皆さん!いつもポチありがとうございます



ということで・・・あ~ごめんなさいね・・・下のバナーをクリックしないとランキングにポイントが入らないのです~私にあなたの「 愛のひと手間 」をポチッとお願いします


この「幸せすぎる5つ葉のクローバー」の写真をクリックするとランキングのページに飛びます。


             にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ


優勝しました!~ガーデン・エクステリアブログトーナメントに「レンガの飾り塀~完成」の記事で参加しました(1記事の期間限定のトーナメント制)応援ありがとうございました





                        ガーデン・エクステリアブログトーナメント - 花ブログ村
                         ガーデン・エクステリアブログトーナメント






関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://maiko11.blog26.fc2.com/tb.php/1417-36478dc1
トラックバック
コメント
 風鈴おだまき。かわいい花ですね。きれいな色。
 ミリわんさんが私と同じことを考えていたので嬉しくなりました。私も、亡くなった父や、私が高校生の時に死んでしまった「ムク」(雑種雌犬)や、息子が三歳の時に姿を消したにゃんき(雄猫)が待っているから、死ぬのが少し楽しみなところがあります。そんなに早く死にたくないけれど、死がそれほど怖くなくなりました。死んだら会える人や動物がいるから、それだけで死が違ったものになりました。
猫亀さんdot 2013.08.15 01:23 | 編集
こんにちは♪

こちらでもちょっと前に「家で看取る」というのをやっていました。
家族、医師のサポートを受けて自宅での最期をカメラでずっと追っていました。そしてカメラの前で息をひきとりました。

もちろんご家族は悲しいでしょうが、どこか達成感さえ感じました。
自分たちであの世へ送りだした、ということかもしれません。

私も死ぬことは怖くないです。
小さいころから「あの世」にとても興味があるからです。
でももうちょっとこちらの世界にいさせてもらいたいですね。まだまだやり残したことがありますから!
ゆんこdot 2013.08.15 11:32 | 編集
こんにちは!

私は自宅介護を初めてずっと看取りは家でしようと思っていました。
母が亡くなる3か月前に訪問看護師さんから死期が近づいていることを知らされました。
そして自宅で看取るか病院で看取るか早目に決められた方がいいと言われました。
最後までサポ-トしてくださると言われる看護師だったので迷わず自宅での看取りを決めました。
その後 誤嚥による肺炎になって入院しましてその後回復して明日退院するという早朝急変し ついに家に帰ることが出来ませんでした。
「もう いいよ。有難う。」と母が思ってくれたと今でも信じています。

ミリわんさん 出来ますよ。 
yasukondot 2013.08.15 17:43 | 編集
考えても仕方ないことを、先取り心配といいますよ・

家族で看取ると思っていても、結果父は病院でなくなりましたし。
自分の思い描いていた通りの看取りはでそうでできないもの・・・

だとしたら、こうする!よりは出たとこ勝負!そのとき考えるの方がよいのではないかと。

家族4人で墓参りドライブ楽しかった?まだ田舎に滞在かなぁ~

今日もクーラーの中でほぇ~とお過ごしておりました
きつね母じゃdot 2013.08.15 21:30 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。