--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
09.16

不機嫌になられると怖かった

Category: つれづれ事
介護をしながらも、のんびりのほほんとした一日。

介護といっても、母がいる居間に一緒にいて、頃合いを見て食事やおやつや水分を出し、おトイレに何回行ったのチェックとか、ちょっとお昼寝をしようと声かけをするとか、大したことはしていない

と言いつつも気がついたらバナナを3本食べていたし~ありゃ~




昨日のドラクエコンサートで音楽を聴いてしまったら、どうにもまたドラクエを始めたくなって、本当に久しぶりに(5ヶ月ぶりくらい?)冒険の旅に行ってきました。

Wiiが居間のTVに繋がっているので、今日はちょうどいいや。逆に家族がTVを見ている時は出来ないけれどね。

クエストがわんさか増えていて・・・やる事が満載!

だらだら楽しみながら続けよう~毎日の冒険。




そうだ・・・5ヶ月前はもう少し母がTVを見ていたかもしれない。だからゲームでTVを使うことに遠慮があったし、一番の理由は「母が不機嫌になるから

ハッキリ「TVを見たいから、そろそろ変わって」と言うだけなのに言わない。

ただムスッとあからさまに不機嫌になる。






一昨日庭に出たら、小さな花壇の中の多肉のセダム・マトロナに花が咲いていました。

RIMG0085_20130915222538219.jpg RIMG0086_20130915222814296.jpg

同じセダムの銅葉パープルエンペラーはもう少し早めの開花でした。

どちらも毎年虫さんがお食べになる・・・あっと気づくと葉っぱが穴だらけ。花芽も食べられていたりする。




たぶんダメになると予想していた多肉のリースは、なんとか生きています。

予想外です~RIMG0087_20130915223207469.jpg

スモークツリーの木陰に置いていたので、これからは日の当たる場所に置いて葉色を赤くさせよう。







私は子供の頃から母が不機嫌になるのが怖かった。

嫌われると思ったからなのか、今となってはよく解らないけれど、それは人全般に言えるようになってしまった。

だから機嫌が直るように必死でその原因を修正しようとして頑張った。

それってただのご機嫌取り。

でも。

きっと、以前の母と同じように顔に出ていたはず。



「なんで怒っているの?」

「言ってくれればわかるのに」

「え?別のこと?それって、私のせいじゃないじゃない?」

「私がとばっちりをくらうの?」

「それは嫌だな。やめて欲しい」




ちゃんと言う。まっすぐ言う。もめても言う。

そう。

不機嫌になられても言う。




・・・っという修行中です。





母が認知症になって不機嫌な状態をすぐ忘れてしまうようになったので、少しハードルが下がったようw

なので、今はダンナでも練習させてもらっています。

練習すればするほど、上手になってくるよ




少し生きやすくなってきたと感じている日々であります








ブログ村のランキングに参加しています。

今日のランキングは~2位かしら?いつもポチありがとうございます



ということで・・・あ~ごめんなさいね・・・下のバナーをクリックしないとランキングにポイントが入らないのです~私にあなたの「 愛のひと手間 」をポチッとお願いします


この「幸せのクローバー」の写真をクリックするとランキングのページに飛びます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
        にほんブログ村





そして優勝しました!~ガーデン・エクステリアブログトーナメントに「レンガの飾り塀~完成」の記事で参加しました(1記事の期間限定のトーナメント制)応援ありがとうございました

        ガーデン・エクステリアブログトーナメント - 花ブログ村
         
ガーデン・エクステリアブログトーナメント




関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://maiko11.blog26.fc2.com/tb.php/1449-22940c6c
トラックバック
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2013.09.16 00:25 | 編集
何事も修行じゃ・・・人生はRPGと例えるのは、長男です^^;

しくじったところからはじめりゃ何度もやっているうちにくえすとが消える

まぁ~当らずも遠からじってかんじ?

本日はお絵かきの時間です・(TT)表紙の印刷がうまく相手に伝わらない・(TT)ドンだけ文章下手?と今になって号泣・・・・とにかくがんばるわんっこっつ!!絵の才能だけはない狐なのよ~・・・(他の才能もないけどさ^^b)



きつね母じゃdot 2013.09.16 07:51 | 編集
 ミリわんさん、こんばんは。私は息子に対して当たることはしなかったけれど、良くヒステリーを起こしました。そこらへんのものを投げてた。辛いことがあるといつも不機嫌でした。息子の言によると、ふさいでいると、いつも自殺オーラが出ていて、心配で心配でたまらなかったと…
 息子にはひどいことをしてしまったと心から悔んでいます。自分のつらさを隠すことができなかった。反対に私は辛いんだと身体全体で叫び続けていた気がします。あんな小さな子供に甘えていたんですね。自分が恥ずかしいです。息子は、ミリわんさんそのものの対応をしていました。私に対して。機嫌が直るように必死で原因究明して解決しようとする。
 未だに息子は私の顔色を窺います。帰ってきた時の顔で、少しふさいでいると「学校で嫌なことがあったのか」とか、すぐ訊きます。不安になるのですね。きっと。私がふさいでいると。昔のことがよみがえるのかもしれません。
 母親はいつも笑顔で子供に接しなければならないとは思いませんが、私は外で我慢する分、家では自分を出しすぎていたかもしれません。現在もあまり変わりません。息子が大人になった分、安心して甘えているような気がします。
 ミリわんさんのお母様は、ミリわんさんに大きな期待をかけていたのでしょうね、きっと。ミリわんさんが優秀だったから、そしてお母様の期待にこたえようと頑張るから、段々期待が大きくなっていってしまったのでしょうか。親子の問題は根が深いですね。
茶目太dot 2013.09.16 21:43 | 編集
一字一句、同感です…。
成長して気付いた事は、自分がない ということです。

母の評価を気にして。
幼い自分は自分の意志と反対の事を言えば、母に気に入られるんだ
とある日気付きました。

今はそんなことは違う、と思いますが
小さい頃の思考の癖は、なかなかすぐに直せるものでは
ないですよね。

私も自分の好きなものは好き、嫌なものは嫌
やめてほしい事はやめてと 口に出してハッキリ言う修行を
ご一緒させてもらいまーす^^

まるまるくまこdot 2013.09.18 16:42 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。