--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
09.25

そうか・・・年をとると

Category: つれづれ事
昨日「年上の友人が心地よい」と書いたのですが。

茶目太さんのコメントで「年をとるに従い、あまり年上の人がいなくなっていく。」と書いてあって。

そうか!

そうだよね。

またそれも寂しいことなのね。




「お式」というと最近は「結婚式」よりも「お葬式」の方が多い。

親世代のお葬式ばかりじゃなく、友人のお葬式が増えていく。




そんなことも、あきらめるというか、当たり前のこととして粛々と生活する。




年をとるということはそういうことか・・・自分より年上の友人が減っていって・・・自分をすっかりあずけて甘えられる人が減っていく・・・う~ん・・・年をとっても甘えたいよね・・・

「自分は一人で生きないと。しっかりしなくちゃ。」って思っている人は辛いよぅ~

年上がいなくなったのなら、年下に甘えようよぅ~







昨日。ランチ会から大通公園へ行く途中の旧北海道庁です。

赤レンガが美しい~RIMG0120_201309250131005db.jpg

見なれていても、その都度「キレイだな~」って感激します。

たくさんの中国の方が建物の前で記念写真を写していましたよ。ただ。他の人がその場所でカメラを構えていても、どけないの。団体でその場所にい続ける。

観光のエチケット。

昔の日本人も気がつかないまま失礼をしていたはず。今でもね。




・・・って。

こんなことを思うのなら、直接「私や他の人もここで記念の写真を撮りたいので、自分たちが終わったら場所をかしてください」と一言言えばいいだけじゃん。

・・・って。

日本語じゃだめじゃん。




あ・・・ダメだ・・・寝落ちしそう・・・


明日は母のケアマネージャーと手すりの設置業者さんがくる・・・先を考えて早めにつけたいなと思って。

今、母は介護2ですが、2から3に変わる時が一番たいへんだよ~と言われました。

うん。覚悟しとこう・・・

ということで、着々と環境を変えていっています。

うん。順調順調!







ブログ村のランキングに参加しています。

今日のランキングは~2位かしら?いつもポチありがとうございます



ということで・・・あ~ごめんなさいね・・・下のバナーをクリックしないとランキングにポイントが入らないのです~私にあなたの「 愛のひと手間 」をポチッとお願いします


この「幸せのクローバー」の写真をクリックするとランキングのページに飛びます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
        にほんブログ村





そして優勝しました!~ガーデン・エクステリアブログトーナメントに「レンガの飾り塀~完成」の記事で参加しました(1記事の期間限定のトーナメント制)応援ありがとうございました

        ガーデン・エクステリアブログトーナメント - 花ブログ村
         
ガーデン・エクステリアブログトーナメント







関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://maiko11.blog26.fc2.com/tb.php/1458-98e84134
トラックバック
コメント
あらぁ年下だって~頼りがいのある奴いるよ~^^そういう奴にすがればいいんだよぉ~ん・


札幌18度?昨日の朝だけならこっち16度だよ。さすがに寒いわ~
けど昼間は28度まで駆け上がってくれて、地獄を見た・
この寒暖の差がこたえるんだよぉ~・・・

秋は好きなんだけどネェ~年々体にはこたえてくるようになったねぇ~

冬の帰札は。。むりや~
きつね母じゃdot 2013.09.25 06:26 | 編集
友達のお葬式もそうなんだけれど・・・
私は芸能人の死が嫌なの。
例えば、若い頃に大好きだったアイドルとかが、そういう年齢になって
どんどん逝ってしまうの、すごく嫌かもしれません。

まあ、世話の焼ける歳上もいるしねえ(笑)  
ここはひとつ、しっかりした年下さんに甘えるのがいいね。

チャイムにメッセージありがとおおお(*^。^*) 
こちらこそ、チームよろしくです!
衣装のデザインや、フラッグのデザインとか、自由に変えてくれて
いいですので、いっぱい楽しんでくだしゃい。
と、トリュ君にもお伝えくだしゃい。あれ?LEVIN君??
ゆっきぃdot 2013.09.25 10:26 | 編集
祖母は、いきなり介護5だったので、どう大変だったかわかりませでした(^^;)
その後は、元気だったときも元気じゃなくなったときも変わらないから、なんか変な感じ…

ダーリンのおばあ様は、自分より年下の人が亡くなっても、さほどショックはなかったらしいのですが、
自分より年上の人が亡くなると、ものすごく落ち込んでいたそうです。
あぁ〜自分もあの年齢までしか生きられないのかな?って思ってしまうんだそう…
80過ぎてからの話でしたけど。
Saoekodot 2013.09.25 18:17 | 編集
年上の友達が心地いいと言うのは分かる気がします。

自分の心の迷いとか弱音とかそう言う物をうんうんそうだよね!って大丈夫だよぉって聞いてもらいたいからなのかなぁ~ってw

そうやって聞いてもらって癒しを求めているんだと思います、私は。

ミリわんさんや茶目太さんの所にお邪魔するのもきっとそういう事を無意識に求めているんですね。(勝手に年上と決め付けていますが…)
私もそう言う存在になれるように精進せねば(^^;)

ミリわんさん介護が大変ですが、がんばり過ぎない程度にがんばってくださいね。
エンジェルキャッチdot 2013.09.25 20:46 | 編集
 ミリわんさん、段々さかのぼってここに来たら、ブログに特別出演していたのでビックリ。コメント書こうとここへきたら、またエンジェルキャッチ三人で会う機会を作っていたのに、一人の方が難病にかかり会えなくなりさびしい思いをしています。だからミリわんさんの同窓会うらやましかったです。
 話をするにもろれつが回らなくなり電話で話もできず、メールも手が動かず打てない状態なので、電話もメールもできなくなり、お見舞いにも伺うのも先方が嫌なんじゃないかなと二人で相談して心のなかで思っているだけの状態です。自分がそうなったら、そういう自分を見せたくないって思ったから。お見舞いに行かないのが精いっぱいの心遣いだと自分たちを納得させています。だから二人でも会わなくなってしまいました。三人が心地よかったのですね。
 7歳上の二人にどんなに支えられたか。鬱の時はそっと見守ってくれ、元気になってくると呼び出して一緒にご飯を食べてくれました。そういう年上の優しい人とのお付き合いがなくなり、茶目太はさびしいです。だから、5年ぶりに少し年下の元同僚と再会を果たしてさびしさを埋めていたのかもしれません。もう茶目太には年上の友達はできないんだろうなあ。さびしいなあ。これからは、きつね母じゃさんのコメントのように年下に頼りますね。なんか、皆さんお若いので、茶目太がここら辺では「長老」のような気がします(笑)
 
茶目太dot 2013.09.28 21:31 | 編集
 すみません。エンジェルキャッチさんのところから一部文章が消えていました。抜け部分は⇒エンジェルキャッチさんのコメントにも特別出演していたました。私にも年上の友達(25年来の)が二人いて、三年前までは年に一度は←すみません。ここをつなげて読んで下さいませ。ちゃんと確認して送信しなきゃね。ごめんなさい。確認したつもりでしたが…
茶目太dot 2013.09.28 21:38 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。