--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
09.26

すみません。年をサバ読んでいました

Category: つれづれ事
自分では今、56才で11月の誕生日で57才になると普通に思っていました・・・

ええ・・・今日、娘と年齢の話になって・・・今、55才だと解りました・・・

「お母さん。普通年齢をサバ読むのは普通若くするものなのに、逆って初めて聞いたわ!」

って言われました。



「・・・もう~どうでもええねん!」


あ~しかし・・・数字にうといにも、ほどがある・・・






今日の札幌は雨です。かなり冷たい雨。ほんの少し前は暑かったのに、最高気温が20℃いかなくなりました。

寒いし~男性陣を会社に送り出した後、二度寝・・・w



午後一に母のケアマネージャーと介護用品の会社の方が来て、母のベッドの横につける手すりを持ってきてくれました。

ここが母の部屋です。母を引き取る時に居間を区切って作った6畳間。

左上の壁に居間への明り取りの窓があります。すぐ横に皆がいるのに、一人でこの部屋で寝るのが怖いというので人の気配が解るようにつけた窓です。

その頃は父が亡くなって母もウツ状態だったのだと思います。

RIMG0126_201309260034134ad.jpg RIMG0125_20130926003437d86.jpg

夜中に3度くらいおトイレに起きるので、寝ぼけているだろうし、パーキンソン病もあるので手すりをつけました。場所的にこのような突っ張り棒タイプになりましたが、ついたとたん普通に使っていました。

これはレンタルでひと月400円です。

棒のみでしたら300円。握りずらいと思ったので、オプションの握り棒をつけて追加が100円。




そして、お外の玄関を出てからの階段部分にも手すりをつけようと思い見積もりをお願いしました。

外構工事にも介護保険が使えます。一人20万円まで。その金額の1割負担でできます。

簡単にこんな感じと言ったら10万円までしないというので、こちらの負担は1万円ですね。

こんな時はありがたいです。




義母こそ腰が悪くて杖をついたり、杖を忘れたりしているからと・・・前に同じようなベッド横に設置する手すりを頼んだら1週間で断ってしまったことがありました。起き上がるのにベッドのフカフカの端をつかんで起き上がっています。

自分の身体を支えきれずに転んでしまうかもしれないのに・・・

「自分はまだ動ける」

・・・私も客観的に自分を見ることができるだろうか・・・



先日会った美術館ボランティアの最年長の方が「自分の顔は自分で見えないから」って言っていたわ。他人だけがよく見ている。


あ・・・私のこともナニカ気づいたら教えてくださいね。

「アンタ~年は今年56才やでぇ~」ってw







ブログ村のランキングに参加しています。

今日のランキングは~2位かしら?いつもポチありがとうございます



ということで・・・あ~ごめんなさいね・・・下のバナーをクリックしないとランキングにポイントが入らないのです~私にあなたの「 愛のひと手間 」をポチッとお願いします


この「幸せのクローバー」の写真をクリックするとランキングのページに飛びます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
        にほんブログ村





そして優勝しました!~ガーデン・エクステリアブログトーナメントに「レンガの飾り塀~完成」の記事で参加しました(1記事の期間限定のトーナメント制)応援ありがとうございました

        ガーデン・エクステリアブログトーナメント - 花ブログ村
         
ガーデン・エクステリアブログトーナメント





関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://maiko11.blog26.fc2.com/tb.php/1459-654b7e87
トラックバック
コメント
頭だけは元気なんだよね。お年寄りって。ウチの母も然りなんだけど
自分では、普通と思っていることがすでに
普通でないことに気づかない・私もなんだけどね^^;

きがつけば・・れいは6歳で・・・クぅーは3歳で・・・自分の歳はたぶん51歳だと思うんだけど・・・自信がないわん・^^;

だんなにいたっては52歳で止まっている(爆)ドンだけ関心がないか判るちゅ~もんです。これ娘に指摘された。とーちゃん55歳になるよ~

さよかぁ~・・・^^;それだけ?うん。なにか(==)・・・もういいよ

娘も突っ込めなかったらしい・・・
きつね母じゃdot 2013.09.26 07:13 | 編集
おはようございます。

私は母が老けているので 友人には10歳足して言ってました。
嘘ぉ~若いねぇ~と言ってもらうと 嬉しかったのを覚えています。

先日母の還暦の写真を見つけましたが 例の赤い帽子にちゃんちゃんこ姿。
今の私と同じか2つ下なのに 80歳の老婆のようでした。

元義父にいろんな所に 手摺をつけたのを思い出しました。
きなこ60dot 2013.09.26 07:58 | 編集
こんにちは♪

私は2月生まれ、友人は4月生まれでした。
例えばその年の1月に私は20歳だとすると、私は2月で21歳に、友人は4月に22歳になるので、自分の誕生日が近付くと「もうすぐ22歳」と思っていました。

私の実家はまったくバリアフリーになっていません。
きっとこれからいろいろと手を付けないといけないのだろうなぁと思っています。
ゆんこdot 2013.09.26 13:45 | 編集
 ミリわんさん、1歳もううかったじゃないですか。1歳でも若いほうが良いもんね。私は誕生日を過ぎたのを忘れてしまい、一つサバ読んで言っていることが多いです。つぎの誕生日が来るころに実年齢に慣れてきたかなという感じですね。
 ミリわんさんは今の私より3歳年下なんですね。11月になると2歳違いになる(笑)
 中高生の時の3歳って結構差がありますが、大人になるとあまり差が感じられなくなってしまいます。同年代でくくってしまうので、くくられた方はちょっとまだそんな年じゃないわと思っているかもしれません。
茶目太dot 2013.09.28 21:08 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。