--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
09.27

「どうしても許せない人」

Category: つれづれ事
皆さん。

どうしても許せない人っていますか?



なんでこんな事を聞くかと言うと。またしても、心屋仁之助さんのBeトレ会員へのプレゼントの新刊が届いたのですよ。

仁さん。どれだけ「損してもいい」の実践をする気なんでしょうw

RIMG0124_20130927000640f71.jpg

そして。どれだけ執筆していいるんでしょうね~ナイナイアンサーですっかり売れっ子になって、初級セミナーや上級セミナーなどを育て終った弟子に渡して、本を中心にいくのでしょうか。





「どうしても許せない人」がいるって・・・そんな執着心は・・・そんな感情を続けられる根性は私にはないわ~


でもたぶん。

何年か前の私は「母を許せない人」だと思っていたはず。

子供の私を愛してくれなくてっと思っていたはず。

そんな母の介護なんて出来ないと思っていたはず。



それがどうだ?

今。普通に介護しちゃっている。

一時は自分って「可哀そうな人」といじけたり、逆に母を「可哀そうな人」と上から目線で思ったり。

そんな行程を経て、今は冷静に「母は一生懸命生きたきたんだ。その中で精一杯私を愛し育ててくれたんだ。」と思えるようになった。






こんな青空のような気持ちが持てるとは、実は思っていなかった。

五色ぶどうの実~RIMG0128_20130927002353432.jpg

たぶん。

私。

もう大丈夫。

RIMG0129_2013092700250050e.jpg~気持ちも熟してきた




介護の過程の辛さはあるだろうけれど、母への確執はほぼ無くなったと感じている。

こんな世界に入ることが出来るのかは自信がなかった。

うふ。でも。入っちゃったもんねw





明日は義母と義父の介護へ行く日だけれど、どうなるかな・・・?

ここまで何を見て何を読んで誰に救われたのか・・・思い起こしてみよう・・・


その証拠集め。明日できるかな?







ブログ村のランキングに参加しています。

今日のランキングは~3位いつもポチありがとうございます



ということで・・・あ~ごめんなさいね・・・下のバナーをクリックしないとランキングにポイントが入らないのです~私にあなたの「 愛のひと手間 」をポチッとお願いします


この「幸せのクローバー」の写真をクリックするとランキングのページに飛びます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
        にほんブログ村





そして優勝しました!~ガーデン・エクステリアブログトーナメントに「レンガの飾り塀~完成」の記事で参加しました(1記事の期間限定のトーナメント制)応援ありがとうございました

        ガーデン・エクステリアブログトーナメント - 花ブログ村
         
ガーデン・エクステリアブログトーナメント









関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://maiko11.blog26.fc2.com/tb.php/1460-b40d39f4
トラックバック
コメント
おはようございます。
滋賀県も一気に気温が下がり 今朝は17度でした。
信じられないくらい 涼しいです。

許せない人。
私には なんと3人もいますね。

いつの日か 許せる日がくるかも知れないけど
無理に合う必要もないので ミリわんさんよりは
楽かもですね。
きなこ60dot 2013.09.27 07:05 | 編集
少なくとも4人いる(==)・・許せない・殺しても殺したりないほど憎みきっている輩。人間の皮かむった。餓鬼がね・・・それが子供とて容赦はしない。よって数えたらきりがないので、ここでやめておきます。

許しあうのが人間だと・・・感謝の心があれば許しあえるというけど・・
ここまで私を踏みつけた連中をゆすることは不可。感謝の欠片もない

こうなるともはや執念・そうなる前に抜け出せたネェさんはエライ!!

私はきっと連中が地獄の業火で焼かれるのをみながらにやにやしているに違いない。助けを求める声にさらに業火の中に押し込めてやれるほど、許せずに今もいる。それを不幸だとも哀れとも思わない。

まだまだ修行が足りない・・・在家坊主も煩悩を前に苦しんだりしておるのです・^^;
きつね母じゃdot 2013.09.27 07:43 | 編集
こんばんは♪

私もどうしても許せない人、一人います。
近くに住んでいるけれど、もう1年以上会いません。会わないけれど、そこに住んでいるというだけで暗い気持ちになります。
でも、マレーシアを離れたら忘れることでしょう。
ゆんこdot 2013.09.27 20:29 | 編集
 ミリわんさん、こんばんは。何日かぶりに来てさかのぼって読んでいます。心屋さんのこの本、朝日新聞の広告で見ました。その時に心をよぎった人がいました。でも今は時が経たのと、そばにいなくなったことで嫌な気持ちは薄らいできましたが、まだ駅や道で似た人を見ると嫌な感情が湧いてきます。心の傷は治りにくいですね。どうしたら許せるようになるのでしょうか。許す必要はないような気もしますが、自分のために自分の心の平安のためになら許した方がよいのでしょうね。なんて書いてあるか今度教えてくださいね。←本を買わないで内容を知ろうとしているのがありあり。むふふふふ
茶目太dot 2013.09.28 20:54 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。