--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
10.12

別の能力

Category: つれづれ事
今日は朝、母をショートステイに送り出した後は自分のために動いたどーーー!

久しぶりに花友とやっと会えました。なかなかお互い忙しくて会うチャンスがなくて。

仕事場の雑貨屋さんに会いにいったので、また仕事が終わる時間に会って一緒に夕食をササッと食べてダダーっとしゃべってw1時間半ほどの時間でしたが楽しかったな~




昨日の私のPC部屋の写真だとマンガ部屋の印象になってしまいますねw

RIMG0211_201310120113010cb.jpg RIMG0210_20131012011358df0.jpg




この本棚じゃなく寝室のベッド周りに置いてあるのは介護関係の本が多いです。

それも。介護はどうやったら良いのか?という本ではなく、認知症本人の気持ちと介護する自分の気持ちのコントロールをどうするのか?という本ばかりのような・・・

自分勝手な介護w~RIMG0216_201310120048265ec.jpg



母が80才を越えて、少しずつ認知症への階段を上がっていく頃からもっと言葉がキツクなりました。

思い通りにならない自分の身体と気持ち。

思い通りにならない家族たち。



不安の中、当たれるのは娘の私だけだったということでしょう。



「やめて」と言えるようになったのは良いことですが、今でも時々私だけに見せる顔があります。

先日もキッチンで家事をしている私に、入れ歯をはずしティッシュで拭きながら話しかけてくるのです。

「ちょっと!人の目の前でそれを見せるのはどうかと思うよ。」

「え~~これくらい、いいでしょう~」

「それ、デイサービスでやっていないでしょう?」

「こんなこと、やるわけないでしょう!」

「じゃ。なんで私にはやるのよ?」

「娘だからでしょう~」

「私だって人間だからね。人に対してやらないことは私にもしないで」

「へぇ~」



よく「家族だから許される」という言葉を聞きますが、家族だから許されるものって本当は何もないと思います。

みんな別の人格です。

親って子供は自分の勝手ができる者だとどこかで思っていて、やっちゃいけない事や言っちゃいけない事を子供が小さい頃から連発しているような気がします。

・・・気をつけよう・・・



あまりに過干渉で口から毒の言葉ばかりを吐いていた母から逃げたい気持ちのまま介護なんか絶対できないと思っていました。

それでも逃げられないのなら、どう折り合いをつけるのか?を知りたかったのです。どこかにヒントがあるからそれを知りたいと本を片っ端から読んでいたのです。


もうここにはない本で「毒の親」という本があります。あと、「シズコさん」という本。この2冊はこんな本を読んでしまった恐ろしさで、即売ってしまいました(小心者w)



ただ。親に対してこんなことを思っている人って結構たくさんいるんだと解ったこと。

それは良かったと思っています。





昨日の記事にコメントを入れてくれた、まるまるくまこさん。

彼女の言葉が私の言いたいことです。

「霊がみえているのかもしれない。けど、その能力と、その能力をつかってカウンセリングをする能力は別じゃないか…と言う事」


そして、霊能者のお坊さんのきつねさんも

「見えるだけじゃ救えないんだよね」

「これは心理学を学ぶべきだと思った」




私が宗教の本を読んでも、深く信心しているわけではないので救われないし(そりゃそうだ)

霊能者に聞いても、ゴックン出来ることと出来ないことがある(そりゃそうだ)

そしてやっとここ2年ほどで心理カウンセラーの言葉にゴックン出来たのです。


今までいろんなことをしてきたからこそ、トンと押された心理の本。





・・・あら~長くなってしまったわ~また明日にします








ブログ村のランキングに参加しています。

今日のランキングは~2位ですね~皆さん、いつもポチありがとうございます



ということで・・・あ~ごめんなさいね・・・下のバナーをクリックしないとランキングにポイントが入らないのです~もしお時間があるのなら、私にあなたの「 愛のひと手間 」をポチッとお願いします


この「幸せのクローバー」の写真をクリックするとランキングのページに飛びます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
        にほんブログ村





そして優勝しました!~ガーデン・エクステリアブログトーナメントに「レンガの飾り塀~完成」の記事で参加しました(1記事の期間限定のトーナメント制)応援ありがとうございました

        ガーデン・エクステリアブログトーナメント - 花ブログ村
         
ガーデン・エクステリアブログトーナメント








関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://maiko11.blog26.fc2.com/tb.php/1476-589128d4
トラックバック
コメント
確かにだよ~心理学の勉強を始めてから。経本のいわんとしていることを深く理解できるようになったねぇ・・・見えるから救えるじゃなくて
相手に寄り添って話を聞く本当はただそれだけでいいんだよね・
と最近は気がついた。それでもメッセージを預かると・届けてあげたいと思う・見えるから。怖いとか思わないでくれると一番うれしいかな?
私の師がよく言ってくれた言葉「みえても・みえなくても人は、人。神にはなれん。仏にはなれるがね」これで救われたの^^

ウチの母も隠れ脳梗塞が2つも見つかりそれが言語分野だったらしく言葉の度忘れが、頻繁になってきて、イラつき始めてきたね・

行きたい場所はあるけど・・・地図が頭に入らなくなって一人では行けないと(着いてきてということらしい。。。帰札も、もう一人では無理だろうね。。。)それでも通いなれた道はきっちり入っているようで道は間違えないけど(車運転してるが接触事故2回対物なので、助かったけどね。。。今年の冬は、雪山を見せに、どこかにつれていかなくちゃと覚悟しているよ・(毎年の行事で雪山をみないと落ち着かないらしい^^;)

娘には何でも言ってもいい頼みごとは解決してくれると母親の絶大な
信頼は重いし・遠慮してほしいところもあるよ。個人という感覚が乏しい
のが母親の生き物らしいわ・気をつけよう・・・私も
きつね母じゃdot 2013.10.12 10:07 | 編集
 自分の子供に一番自分の素を見せていると思います。だから、「親じゃなかったら大嫌いな人」とまで言われています(笑)しばし反省タイムに入る茶目太であります。
茶目太dot 2013.10.13 18:13 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。