--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
10.31

母の履歴書

Category: つれづれ事
今日、娘の部屋のクロス張りも終了!

クロスや接着剤の臭いがあるかと思ったら「今は身体の害になるものは使っていませんよ」と言っていた通り全く臭いもなく一日目から快適です。


あ。そうそう。

今は亡きミリィがガジガジして破けたままだった階段の踊り場のクロス部分。

いろいろ汚いw~RIMG0163_201310302325134a7.jpg

木製の幅木をつけてもらって、破れが広がるのだけ防いだw

RIMG0167_20131030232846d7a.jpg

階段のところは天井が高くてクロスの面積も多いので張り替えは断念。鼻水をこすり付けたシミも取れないんだけれどw~もう少し漂白とか工夫するわ。

ここはミリィのお気に入りの場所。

病気の末期では、ここでお薬も飲ませたし、吐いたり、おもらししたり、一緒に座ってなでていたり・・・

この破れやシミを見るたびにミリィを思い出す場所。






今日も片付けと掃除の一日。

私はバタバタしていましたが、母はデイサービスがお休みなので居間で何をしていいのか解らず落ち着かない様子。

ちょうど片付けの時に出てきた母のメモ書きノートや写真が出てきたので、見せると一日中何度も読み返していました。



実はその中に。

以前、自分の履歴書を書いておいたら、何かあった時に(いわゆるお葬式で)子供たちが困らないよ、とブログの記事にした時があります。

母の履歴書は以前聞き出したことを思い出しながら書いておかなくちゃ、と思っていました。

今日見つけたこのメモ書きノートを見てビックリ!

母は自分で私が生まれるまでの履歴をメモしていたものがあったのです。

何年にどこで生まれ、どこの学校を出て、どこに就職して、何年に結婚して・・・と。



これは一体何年前に書いたものだろう・・・?

認知症のことを考えると5年以上前かな・・・?



これは助かるなぁ~って思いました。

私の知らない親の人生を見せられると、当たり前なのに「親も苦労して生きてきた」ことにハッとさせられます。

今の自分と同じように悩み苦しみながら、仕事をし子育てをして今に至ったことを確認させられます。





これはもう5日くらい前の写真ですが、庭の作業台横の小さな花壇。紅葉が進んでいます。

RIMG0142_20131030235035408.jpg~外作業はもう寒い

今年は冬が早く始まるらしい・・・

もう雪囲い?~RIMG0143_20131030235248186.jpg

焦るなぁ~・・・






認知症は母にとっては発症して良かったと言える病気です。

神経質なあまり生きるのが辛い人生だったとよく自分で言っていましたし。

でも。

本当は楽しいことも多かったのではないか。

私に「よく頑張って生きてきたね」と褒められたかっただけじゃないか。

と思ってきました。

父への愚痴もまともに聞いてはいけなかったのかもとw




そんなことを考えた今日・・・え?・・・あれ?・・・もしかして?・・・母は仏壇入れがなくなっていることに気付いていないような気がしました・・・







ブログ村のランキングに参加しています。

今日のランキングは~3位~皆さん、いつもポチありがとうございます



ということで・・・あ~ごめんなさいね・・・下のバナーをクリックしないとランキングにポイントが入らないのです~もしお時間があるのなら、私にあなたの「 愛のひと手間 」をポチッとお願いします


この「幸せのクローバー」の写真をクリックするとランキングのページに飛びます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
        にほんブログ村



そして優勝しました!~ガーデン・エクステリアブログトーナメントに「レンガの飾り塀~完成」の記事で参加しました(1記事の期間限定のトーナメント制)応援ありがとうございました

        ガーデン・エクステリアブログトーナメント - 花ブログ村
         
ガーデン・エクステリアブログトーナメント




関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://maiko11.blog26.fc2.com/tb.php/1492-9a16adfc
トラックバック
コメント
 うちの母は短期記憶が保てなくなってかなり経ちます。老化が以前の母のヒステリックな部分をそぎ落とし、息子も以前のおばあちゃんより今のおばあちゃんの方がかわいくなったと言っています。
 あまり苦になることを考えなくなり、ゆったりした気分でいられるようです。私もミリわんさんと同じように、母の老化は母のためによかったように感じています。
茶目太dot 2013.11.01 01:03 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。