--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
01.08

妙に痒いと思ったら

Category: つれづれ事
昨年あたりから、妙に痒かったんです。

眉毛が。

時々、無意識に掻いていました。



ある時、鏡を見て・・・「アッ!」っと思い出しました。



10年ほど前に認知症になる前の母がよく眉毛を掻いていのを。

「こうして痒くなると次は白髪になるのよね~」って・・・




眉頭が白髪に変わってきていました~

オチはこれかい?!





久しぶりに多肉たちの写真を~リース仕立てにしたものはプリプリ感がなくなってきています・・・若いお肌じゃないって感じ・・・お水あげよう。

花芽もなし・・・RIMG0702.jpg

そうそう。この多肉の枯れた下葉をピンセットで抜くことを私は「白髪抜き」と密かに言っています・・・でも、白髪抜き好きなんだ~w


RIMG0703.jpg~ストレス解消になる







母が夕方ショートステイから帰ってきました。

今回は「洗濯済みのもの」と「洗濯するもの」の袋のどちらにも替えの下着が入っていなくて、どっちだろう~?と結局いつものクンクン・・・あ・・・当たり・・・これって当たりか?!

洗濯の山と更に今履いている下着も結局脱がせてお風呂場でゴシゴシ~全部お洗濯です。



さっそく始まるオシッコとの戦い。仕事初め、初日から飛ばすなぁ~





更に、夕食後すぐに義母のケアマネージャーから電話が入って、40~50分話し込みました。

やっぱり今日デイサービスのお迎えにいったら「もう辞めたから!」と言って来ていただけませんでしたと。




今月はひとまず折があったらまた連絡してみます。と言っていましたが、私はとても迷っています。

たぶん。またもうダメだという気持ちが大きいです。

痛い目に合わなければ介護サービスは使わないだろうと思っています。

その時に考えればいいか、とか。


でも、ケアマネさんは「そんな利用者さんばかりですよ。1年かかってやっと笑顔でデイに来てくださっている方もいます。それが私達の仕事ですから」と言います(介護をお仕事にされている方!本当に尊敬します!ありがとう!)

今は焦る必要はないのか~とも思います。

ゆっくりなんとなく繋がっているだけで良いのか、とか。




言いたいことはたくさんある。

自分の親と夫の親の介護の仕方は違う。

仕方というか、距離感。

そして決定権。




思えば私は、いろんなタイプの介護をさせてもらっているんだなぁ~って気づきました。

男性と女性でも違うし(義父を病院に連れて行った時は普通に男性用トイレに一緒に入ったしねw)娘としての介護と嫁としての介護も違う。




いやいや~この世の宿題を出している神様・・・私はいろんな応用パターンをやりたいわけじゃないからなぁーーー






ブログ村のランキングに参加しています。


特に最近思うのは「毎日更新すること」「続けること」が私にとって大事なんだなって

無理して更新しているのではなく、ほら、介護と同じ~「好きでやっています」

今日の私のランキングは~3位?~皆さん、いつもポチありがとうございます



ということで・・・あ~ごめんなさいね・・・下のバナーをクリックしないとランキングにポイントが入らないのです~もしお時間があるのなら、私にあなたの「 愛のひと手間 」をポチッとお願いします


この「幸せのクローバー」の写真をクリックするとランキングのページに飛びます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
        にほんブログ村



そして優勝しました!~ガーデン・エクステリアブログトーナメントに「レンガの飾り塀~完成」の記事で参加しました(1記事の期間限定のトーナメント制)応援ありがとうございました

        ガーデン・エクステリアブログトーナメント - 花ブログ村
         
ガーデン・エクステリアブログトーナメント






関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://maiko11.blog26.fc2.com/tb.php/1561-134bbdcc
トラックバック
コメント
初日から・戦いがはじまってしまったのね~?思えば、わが亡父もディケアをやめたがり(お風呂が済んだら昼寝させてもらえる至れり付くせりのコースだったんですが)1ヶ月でやめてしまって、自宅引きこもり

痛い思いをしても。冷蔵庫から悪臭がしても、足の踏み場がないほど
散らかしをやらかしても。。。自分は困ってない(面倒観てもらう必要ない)自分の置かれた状況の判断力が認知されてない・こういう人こそ預かってほしいのだけどね。。。そこはなさぬ中の嫁と姑だからうまく行くはずもなく・・・息子らは自覚したのかな?それでも自分らで面倒見るというのなら、食事の仕度から掃除・お風呂・洗濯・全部してほしいと思うのは、わたしだけ?
私は任せちゃったけどね・・やって文句が出る家だったから、まるっと
丸投げさ・やって文句言われちゃったら悲しいけど、やってないならごもっとも!といえますモン^^

それでもお義母さまを自宅に呼ぶといえるミリワンねぇさん・・・凄いと思うよ・


危機に際して心躍るタイプ?首も痛むのだからあまり心躍らせないでねぇ~と遠くから心配しているよ
きつね母じゃdot 2014.01.08 21:48 | 編集
私達介護士からしてみればご家族の介護をされてるミリわんさんみたいな方を尊敬してるんですよ。実は介護士で親の介護をしてる人って少ないんです・・・介護の大変さがわかるからこそ頼れるものは他人に頼ってしまおうと思うのです。家族の介護の大変さで上位を占める排便のお世話も私達にしてみれば日常のご飯を食べるのとさほど代わらない事なんです。オムツ変えの時に頭から便をかぶる事も日常茶飯事^^:それでも今日は運がついたから宝くじでも買おうかな~程度のことなんです。それは私達が心優しい天使のようだからではなくて(笑)介護の終わりがちゃんとあるからなんです。でも家族は違いますよね。いつ終わるかわからない介護は本当に大変だと思います。終わる=幸せではないですしね。デイの方が説得してくれるならばダメもとで何度でも挑戦して頂くといいと思います。私たちは家族の方の気持ちを楽にするのも仕事だと思っています。遠慮しないでどんどん頼っちゃって下さい。
minakodot 2014.01.08 23:57 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。