--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
03.10

母親たち2人を見て

Category: つれづれ事
お椀のような動きのないものを持ち上げることは出来るようになりました。

でもそれを口元に近づけると痛いです。

お米をとぐような動きのあるボールを支えることは難しいです。




頭をぐっと下に向ければシャンプーの泡立ちくらいの動きは出来るようになりました。

でも地肌まで洗うチカラはありません。




安定感のない玉ねぎのようなものをまず半分に切ることができません。

半分に切って安定している状態なら切ることは出来ます。




っというように、出来ることと出来ないことが微妙な状態です。






庭はまだまだ雪でこんなに埋まっています。更に今雪が降っているので、また明日の朝は雪かきですね。私は雪かきなんて無理無理!男性陣ガンバですよ!

RIMG0932.jpg RIMG0933.jpg






なので。今日も母に玉ねぎとじゃがいもを切ってとか、食洗機に入れる前の食器をブラシでこすってとか、お手伝いを頼んでいます。

家事になると女って身体が憶えているから割とスンナリできますね。

こんな時は母の几帳面なところがまだ出るのだなぁ~と思いました。

ひとつ気になったところはやらないと気が済まないので、作業は遅いですが丁寧です。




「なんで私がやらなきゃならないの?」と言った感じになるのですが、それは認知症が進んでいるので、いちいち私の左手が痛いことを先に言います。手首の見える部分に白い湿布とサポーターをしていて、それを見せるのが早いです。

それを見ると「まあ~それは大変」と言いながら、割と張り切ってやってくれます。






こんなことを久しぶりに見ると、私は母よりも義母の方に似ているのだなと思いました。

自分の好きなことにはまっしぐら。

家事は好きではない。

多少汚くても自分にとってそれは大事なことではないから気にならない。



ここ!

私も本当はそうしたかったはず。

そんなことをしたらたいへんなことになるという恐怖があったから頑張ってきたように思います。

いわゆる母に怒られるからやってきた、ということ。





さて。

私の許せるところってどのあたりだろう?

時々狂ったように片付けを始めるのは母に怒られるからだろうか?




違うよね。

きっと、そこが私らしいところ。

母とも義母とも違うところ。

でもどちらにも似ているところ。




老後は母のように家族に依存するのか、義母のように一人で生きたいのか?

その時がこないとわからない。

それまで私がどういう風に生きるのかで決まるんだろうな。

そのヒントは二人の母たちが今、見せてくれている。




依存もし、一人で生きるという覚悟もする。

きっとそれが私らしい。








ブログ村のランキングに参加しています。

今日はナチュラルライフ部門2793サイト中~3位。いつもありがとうございます。

下の四葉のクローバーのバナーをクリックしていただけるとポイントが入ります。

あなたの愛のポチを~お願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村






関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://maiko11.blog26.fc2.com/tb.php/1622-0d520dac
トラックバック
コメント
こんにちは♪

私たちには子どもがいないので、老後は夫と、もしくは一人で生きていかないといけません。
その覚悟はできているかな?
夫とは「ちょっとでも無理するようになったら、さっさとホームへ行こうね」と話していますが、そのためにはお金を貯めないと!
ゆんこdot 2014.03.10 15:52 | 編集
どうかなぁ~老後のビジョンが見えないから・・・

ひとりで魔女のように暮らしているか、娘の側でのんきにお茶を飲んでいるか・・・

はるか前にあの世へいっているか・・・神のみぞ知る世界やね~

同じディサービスで、ボケあってるって言うのも悪くないかも~(爆)ジャ北海道にIターンしなくちゃな
きつね母じゃdot 2014.03.10 23:30 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。