--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
03.20

裏を読まなくてもよい?

Category: つれづれ事
転んで左腕が動かせなくなってから、今月今まで運転をしていません。もうそろそろ大丈夫っぽい。




服の脱ぎ着も不自由になって思ったこと。

介護される人もこう思っていたんだな~ってことが解りました。

「いい加減に解ってよ」





例えば。

朝、袖がぬけずに家族に手伝ってとお願いしたとします。

夜、お風呂に入る時も「さっき手伝ったから今回も手伝わないと服は脱げないのね」っと解りそうなものですが、声をかけてくれる家族はいません。

私が頼まないから「大丈夫なんだ」と思っているのですね。ずっと言わなきゃ解らないものなんだ。頼み続けるのもストレスを感じる。介護されるようになった人はずっとこのストレスをもったまま生きているんだ。







今日はとっても良いお天気。

早く庭仕事がしたい。でも今の庭はこんな感じ。

掘る元気もない~RIMG0985.jpg

この春の時期に見られるザラメのような雪。

RIMG0984.jpg~もうすぐ春






介護をしていると「こんなに精一杯しているのに」と思うけれど、される側は「もっとして欲しいことがたくさんある」と思っているんだなと気づきました。

今日、ショートステイに行く母が「足の爪を切らなきゃ、向こうに行って職員さんに言われる」と言いました。

ああ。そうだね・・・しばらく爪切っていなかった。気づいていなかった。一所懸命気づこうとしていなかった。



どこまでも深い介護。

私はどこまで潜ることができるんだろう。






義母宅にもずっと行っていないので近々行こうと思っているけれど「これからは習い事もタクシーで行く」とケアーマネージャーが教えてくれて、お義母様のご機嫌を損ねたまま?・・・いじけたまま?


思わずダンナに「もう来なくていいってこと?」と聞くと

「全然!そんなこと言っていないよ」って




しつこい私は「それって裏がある?」と聞いたら「ないない」って。

これは・・・裏に気付けないダンナの良い性格かも?とあくまでしつこい私。





今日。義母に4日ぶりに電話を入れました。

ちょっと最初はつっけんどんに感じたのは気のせい?

来週と4月からまた再開する習い事の日は行くからね、と言うと「良かった」という安堵の声に変わったように感じたのも~気のせい?



お互いいじけずに行こうよ。

うん。そうしよう。








ブログ村のランキングに参加しています。

今日はナチュラルライフ部門2800サイト中~3位。いつもありがとうございます。

下の四葉のクローバーのバナーをクリックしていただけるとポイントが入ります。

あなたの愛のポチを~お願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村









関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://maiko11.blog26.fc2.com/tb.php/1631-44a62aac
トラックバック
コメント
その立場にならないとわからないこと
人間関係にもいえることですね…
身に染みます。

くまこdot 2014.03.20 12:03 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。