--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
06.06

自分の死に際の希望

Category: 介護の話
札幌の夏日はひとまず今日で終わるようです。ふぅ~



夏の庭の木陰を作ってくれるスモークツリーの根元には、もう何の植物の根も入りこめないので、ガーデン雑貨を置いています。

アンティークのイギリスの煙突。

それにかかるように、日陰には明るい色のギボウシを。

RIMG1599.jpg~この色、目立つのよ。


同じく、大きくなったイチョウの木の根元には、大きな鉢に植えた風知草を少し土に埋め込んでいます。

高さが出て立体的に~RIMG1600.jpg



自分で仕込んだ植栽ですが、植えた自分をほめてやりたいwうん。キレイだぞ~!






ちょっと昨日の介護のアンケートの続きね。

あっと思った部分が!



在宅で亡くなりたいという希望の方がいる時、家族も一応そのつもりで介護をしていますよね。

そして。

「いよいよ最期となると遠方から親族が来て不安になり、救急車を呼んでしまう。すると救急病院で入院して延命治療をするなど、本人の希望はかなわない」

という事例がよくあるそうです。



でもこの家族の気持ちは解ります。延命というよりも苦しませたくない思いから医療に頼ってしまったんだと思います。不安だものね。



つくづく人の命って自分のものじゃないんだなって思います。

家族のものでもあるし、みんなのものでもある。

いくら本人が希望したって家族が「そんなこと出来ない」と言えばそれまでで。

そこを踏まえて、一応自分の希望があるなら認知症になる前に、キチンと伝えておいた方が良いです。




今、散骨がだんだん多くなってきているようで、とうとう北海道の道東の方で散骨用にお骨を粉状に加工する工場が出来たと小耳にはさんだよ。

それを少し分けて、ペンダントヘッドの中に入れて身につける家族もいるそうで。

これだって、本人が望んだことじゃないだろうし。

やっぱり自分の命は、最後は人のものになる。

それで良いのだと思います。

この身体を捨ててあの世に向かうのだから「ごめん。後始末はよろしくね~」って言って(出来れば)天に向かいましょうよw






ブログ村のランキングに参加しています。

今日はナチュラルライフ部門2835サイト中~3位

下の四葉のクローバーのバナーをクリックしていただけるとポイントが入ります。

あなたの愛のポチを~お願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村





関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://maiko11.blog26.fc2.com/tb.php/1709-34e82a38
トラックバック
コメント
お葬式だって供養だって、亡くなった人のためと言いながら、
全て生きている人のためにやってことだわ…
生きている人間が納得するため。
私なら、なにもして欲しくないもの。
ほとんど会わない親戚に義理立てのためだけに来て欲しくなんかないし。
でも自分は死んでしまってるんだから、勝手にすればいいわとも思う。
とか言いながら、私は最後まで生き残る予定なのよ(笑)

自宅で死なれると、正直言って大変なことも多いわ。
私は家族が2人も自宅で亡くなっているので…
不審死かもしれないと警察が来ることもあるし、
葬儀場がすぐに取れればいいけど、
火葬場の関係とかで1週間以上先になることもあるから、
ご遺体の管理も真夏だったら大騒ぎよ。
ご遺体を預かってくれる場所もあるけど、
結局何日も家族と離れて冷蔵庫の中へ…
お線香を上げ続けることも出来ないわ。
納棺の儀も冷蔵庫の前だったりするし。
これからどんどん亡くなる方が増えて来るから、その問題はさらに深刻。
絶対に避けられない問題だから、早くから取り組まなきゃいけないのに…
火葬場もなかなか増やせない。
あ、北海道と東京じゃ、事情は違うかもだけどね(^^;)
Saoekodot 2014.06.06 09:01 | 編集
ほんときれい。茶目太もほめてしまいます。
茶目太dot 2014.06.14 15:57 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。