--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
06.07

「毒の子供」になる

Category: つれづれ事
はぁ~今日は忙しかったな~仕事に出る家族を見送り、デイサービスに行く母を見送って、ちょっと庭作業をしちゃって~義母宅へ夕食を持って行き、郵便局やら銀行やら習い事の教室に送っていき~買い物をして帰ってきたのが午後3時半。

やっと昼食・・・あ・・・もう母が帰ってくる時間・・・あ・・・もうレッスンの時間。

今日は最初から夕食はお弁当(母にはお寿司)と決めていたので、母には「レッスンをしています。このお寿司を食べていてください」とメモを書いておきました。

言葉でいってもすぐ忘れて、食べて良いのか待っているのか解らなくなるからです。





この忙しい日にちょっと庭に出たら気になっちゃって、ツル植物の作業をしてしまいました。

ピアノ教室の看板の周りを囲むリースに絡ませたクレマチス・センニンソウがさっそく暴れはじめていました。私はアルミワイヤーで暴れはじめる都度、ところどころ止めます。ま。どうせ。最後は全部が覆われるんだけれどさ~

RIMG1615.jpg RIMG1616.jpg



モンタナの方は順調に咲き進んでいます。

これも剪定しなきゃ~RIMG1622.jpg






もう母はコーヒーとウーロン茶の味の違いも解らなくなりました。目の前にウーロン茶のペットボトルがあるから、このコップの中はウーロン茶だろうと思って飲んでいます。



母の認知症はなるべくしてなった、と思っていました。

外出が嫌いで人と関わるのが嫌いで、なんの趣味ももたず、家事を私に任せてしまって、文句と嫌味を口にしていたら、こうなるよねって思っていました。

そうならないように、区役所主催の老人大学へせっせと送り向かいをしたり、町内会の老人会やデイサービスを始める手配に奔走しても、なにも人間関係は広がることもなく今に至っています。

「もう~しらん」

やっと時々こう思えるようになったのは、心屋仁之助さんのおかげだと思っています。

ちょうどタイムリーなブログの記事があったので→「毒親への対処方法






生徒が修学旅行のお土産をくれました。

RIMG1625.jpg~可愛いキンギョ!

中はようかんです。



今週は中学生の音楽の筆記テスト対策の週です。久しぶりに会う生徒もいて、更にレッスン終了後に生徒のお母様が私に会いにきてくれて「久しぶりに先生と話したかった」と言って30分以上二人で話し込みました。




毒親をほっといて

親不孝な毒子になる。

勝手に幸せになる。




もう。

私はこれだ!

もう。

幸せだもんね!





ブログ村のランキングに参加しています。

今日はナチュラルライフ部門2835サイト中~3位

下の四葉のクローバーのバナーをクリックしていただけるとポイントが入ります。

あなたの愛のポチを~お願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村




関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://maiko11.blog26.fc2.com/tb.php/1710-8e15c5b4
トラックバック
コメント
学生の頃、俵万智さんが流行って結構読んだのですが、
その中に「親は子を 育てて来たと いうけれど 勝手に赤い 畑のトマト」って詩があったの。
なんか思い出しちゃった(^^)
Saoekodot 2014.06.07 01:30 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。