--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
07.01

夜。窓を開けておくと入ってくるもの

Category: つれづれ事
一応、昨日のイコロの森の続きを。

「イコロ」って。アイヌ語で「宝物」の意味ですって。



北海道の花~ハマナスも見ごろの季節。

花にうといダンナでさえ知っている花。「子供の頃から浜辺に咲いていた」って。

浜辺のバラ~RIMG1683.jpg



花も好きだけれど、私は葉っぱさえあれば嬉しいの。

RIMG1696.jpg



そして。森の中はもっと!

今でも。この森の中での幸せな気持ちが残っている。

穏やかな気持ち~RIMG1703.jpg

RIMG1705.jpg~鳥や虫の声がずっと聞こえている





先日。ここ何日か暑くなって、夜も寝る前まで窓を開けていました。まだエアコンも扇風機も必要ないくらいの北海道です。

でも。

母が夕方になると「もう窓をしめよう。」とずっと言い続けるので、早々に閉めます。

なんとなく私には解るのですが、たぶん「怖い」んだと・・・

「窓が開いているのが怖い?」というと「うん」と。

「何が怖いの?」というと「何か入ってきたらどうするの?」と。

「何って~何?」というと「いろいろ」と。w



「オバケとか?」というと

「それもあるし。人とか虫とか犬とか猫とか」だって・・・



今時。札幌では犬とか猫って入ってこないと思うけど。虫は網戸しているし。

人って、強盗ってこと?

オバケは~まあ~それを言っちゃうともう、どこも怖いよ。



母は森も怖がります。こうなると、どこも、なにもかもが怖いのでしょうね。

この世で生きているのは辛かったでしょう。



私が見ている森と、母が見ている森は違う景色なんだ。






ブログ村のランキングに参加しています。

今日はナチュラルライフ部門2835サイト中~2位。



ランキングは下の四葉のクローバーのバナーをクリックしていただけるとポイントが入ります。

あなたの愛のポチを~お願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村






関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://maiko11.blog26.fc2.com/tb.php/1734-98133224
トラックバック
コメント
きれいだねぇ〜ハマナス。私も別な景色をみているけど、楽しいよ^_^
特に新緑の頃は、お母さんはとっても怖くて生きずらい世界を一人で、いきてきたのかも、確か上海にいたことなかった?その頃の華やか暮らしから、引き揚げ、戦争、戦後を知っていると
怖い思いだけが膨れちゃう。いまは消えていく段階なんだろうね
忘れてしまえる哀しい思い出は早くきえてくれるといいね


きつね母じゃdot 2014.07.01 07:36 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。