--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
07.09

周りがあわててくれて

Category: 介護の話
今朝も、昨日のブログの記事を見た美術館ボランティア時代の友人から電話が入りました。

ちょうど母をデイサービスに送ったばかりでボーっとまったりしていた私。

彼女の方が今の私の状況にあわてていますw

「だ、大丈夫?大丈夫じゃないよね!」って~・・・う、うん。大丈夫じゃないw



彼女も壮絶な介護を終えたばかり。

みんな苦しんだ。通る道は同じなんだね。

・・・なんで介護ってほぼ同じ道なんだろうね・・・




父のアジサイの色がだんだん出てきました。私はこの辺の色合いも好きです。

まだ緑が混じっている時~RIMG1776.jpg





この2日間で、グラグラしていた気持ちの動きを止めることができました。

友人との電話の後。すぐ母のケアマネージャーに電話して「来月のショートステイを少し伸ばして欲しいんです!私。疲れてしまって、うつっぽくなっています!」って(おいおい)

そんな言い方をしたもんだから、ケアマネさんもあわてて「え?!こ・・・今月は?今月も!増やしましょうか!」って



皆さん。ごめんね。あわてさせて・・・家族もけっこうあわてていますし。

あ・・・息子だけはあわてていないw私、ちゃんと息子に話せていないもんな。発達障害だから解らないだろう~みたいなあきらめがあったりして・・・本当に失礼な親でゴメン





ケアマネさん。お盆を中心に10日間の夏休みをとってくれました。脳外科のMRIの予約が入っていたり、息子の誕生日もあったりして、ひとまず10日間でお願いしたのです。これでダメなら一か月

長い付き合いのショートステイの場所なので、安心してお任せします。





小さな山アジサイも色づいてきました。北海道はこれからがアジサイの季節です。

RIMG1777.jpg~枝ひょろひょろ



夏休みまで、まだ一か月ありますが、そこまで頑張ればいいという目標が出来てかなり楽になりました。ひとまず今週の金曜日から定期のショートもあるし。

ブロ友のSaoekoさんも「こういうときだからこそ、明るい方を見て。美味しいものを食べたり、美しいものに感動したりして、心に栄養を。 可愛いものを見たり、笑える話を聞いたりして、表情にも栄養を。」って。



落ちちゃうと明るい方は見たくないんだ。かといって暗い方も見たくないし。音も嫌だし。匂いも嫌だし。はぁ~おいおい

でも。

今はもう、明るい方を見ていたいという元気が出てきたよ。

お騒がせしました・・・でも、このお騒がせ・・・まだ続くよきっとw






ブログ村のランキングに参加しています。

今日はナチュラルライフ部門2859サイト中~3位。



ランキングは下の四葉のクローバーのバナーをクリックしていただけるとポイントが入ります。

あなたの愛のポチを~お願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村






関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://maiko11.blog26.fc2.com/tb.php/1742-ed9dfd0d
トラックバック
コメント
そう思うとモモエおばあちゃんはありがたいよね
自分で、ショート面倒くさいから、ずっとあっちでもいいよ。
なんて言って、母も罪悪感なしにロングに切り替えられたからね

やっぱり介護するほうが倒れないようにしないとね
ミリわんさんもゆっくりしてね
ゆるり花dot 2014.07.09 01:10 | 編集
相手にかける時間が多くなってくるから、しんどさは倍!倍!と増えてくるのが介護。
介護する側がね。1番に、踏ん切りつけることは、「罪悪感」
自分だけが、たのしんでしまって、とか、これも一緒にじゃなくて
元気なうちに…
過ぎたこと、対して罪悪感をもたないこと!認知症のほうだって夢のお国でお散歩中なの。現実に帰ってきてしまってがっつかりしている。だって夢のお国にはたのしいことばかり…こちらに戻れば、おかしい事ばかりなんだもの
すぐ動いてくれた。ケアマネさんに感謝だね。ノンビリできる時間がもっと増えますように
きつね母じゃdot 2014.07.09 06:16 | 編集
ミリわんさん、いつもいつもしっかりやっていると思います。

倒れるまで、壊れるまでやれば「罪悪感」はないのかもしれませんが、「うらみ」が生まれてくると思うのです・・・・・・


認知症と持病がった父が亡くなった今、介護しきれなかった「罪悪感」が残りましたが、これは「父の事を想う気持ち」と思い、一生持っていようと決めました。

ミリわんさんのブログは、心に沁みます。。。。
かめこdot 2014.07.09 09:14 | 編集
ミリわんさんのブログに、よく「介護を終えた」方のことが出て来ますが、
高齢者介護には、必ず終わりがあるのですよね。
その終わりの時を、どういう気持ちで迎えたいのか…
きっと介護している自分が納得できるようにしたくて、
みなさん「今」無理をされるのでしょう。
そのために「今」を壊してしまっては元も子もない…そう思います。
自分が納得できるように…ではなく、
終わりを迎える方が納得できるように…と考えるのもいいと思います。
周りの方たちが「◯◯さんは、本当にえらかったね。」
「◯◯さんは、よく頑張ったよね。」
そう言ってもらえるように、介護をされてる方にも頑張ってもらいましょう。
介護する人と介護される人とがいて、初めて介護が成り立つのですから。
介護される人にも、協力してもらっていいのです。
私はそう思います。
Saoekodot 2014.07.09 23:45 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。