--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
08.04

「もう無理だと思っていない」

Category: 介護の話
今日はダンナの兄弟が集まり、義父と義母をカラオケに連れて行く日。

介護最前線の女にとって、楽しいことばかりをやって、それが介護か?と言いたくなるが、人生の楽しみも大事なので、それもいいかと。

でも。ちゃんと話し合いはしてほしい。




家を送り出してから、ダンナにクギをさすためのメールを送りました。

「私はお母さんのお世話はもう無理だと思っていません。長年お世話して愛情も持っています。私のやり方が間違っているのなら、どの道が良いのか私を省かず話してほしいです。」

「情報は共有して、断片的に関わり、混乱しないようにして」

「今いる兄弟たちが曖昧なまま進むのではなく、納得して、介護しましょう」

こう送りました。





夕方にダンナから電話があり、決まったことの報告が。


週に2日のお風呂と夕食のサービスを受ける小規模多機能型介護施設以外の日は、私が手続きしたセブンミールで今月はやってみる。

これは、施設の方が「配食サービスの中で、私はセブンイレブンのが一番美味しいと思います」と教えてくれたから、そこに連絡をとったのです。この話はダンナも聞いて、じゃここにしようとなったのですから、これも変えるのは次を探すのキツイなと思っていました。

そして、やっぱり生協のトドックは辞めずに再開すると。

買い物の楽しみは置いておいた方が良いということになったそう。

一度の注文で、家に在庫がたくさんあるものを8000円も注文するとか、そういうリスクも踏まえてそういう事になったのなら良いと思います。みんな、覚悟はできたね?



小さな家具を置いて、段ボールに下着を入れるのをやめる、という話しは聞けませんでした。

それと、認知症の薬は飲ませるのかということも。

・・・カラオケの最中でうるさくて良く聞こえないのと、ダンナはいい感じに酔っぱらって電話をかけてきたからです。帰ってきたら、すぐ寝ちゃったし。

ふぅ~~~こっちのザワザワする気持ちも知らないで・・・





でもさぁ~「どの道が良いのか私を省かず話してほしいです」の根本が違っているよね。

この今日決まったということの話し合いに私が入っていないんだから。

・・・・・っと、本人たちに言わないと解っていないね。

わざとじゃないんだ。

何も考えていないだけ。

だからちゃんと言わなきゃ。





今日のブログのタイトルを書くときに、私の本心だろうか?とふと自分の心を見つめてみた。

「私はお母さんのお世話はもう無理だと思っていません」

本当にそう思っているのか?

よく、「私。もう無理」とか言うけれど、いつも「なんちゃって~まだ出来るもんね」と思っていた。

折れるのが怖い?

折れてもいいんだと解っている。

でも。別にまだ折れた状態じゃないのに、「折れました」って言うのもおかしいじゃん?

え?もう折れている?

あ~~~自分が本当に解らないんだって~ぐるぐるぐるぐる






一日の最後に自分の気持ちをここで吐き、うんうんと聞いてくれる皆さんを感じることができて、私は保っています。

ありがとうございます

こんなグルグルの記事で、すまねぇ~本当にまとまらねぇ~



ブログ村のランキングに参加しています。

今日はナチュラルライフ部門2809サイト中~2位。


ランキングは下の四葉のクローバーのバナーをクリックしていただけるとポイントが入ります。

あなたの愛のポチを~お願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村





関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://maiko11.blog26.fc2.com/tb.php/1768-7d56ddab
トラックバック
コメント
私ってまだ大丈夫?とか思っても自分の限界点とか折れるのってわからないですよね。
ポキッとかブチッとか鳴るわけでもないし。かといって他の人に言われると、イヤ、まだまだ大丈夫って思えたり。

お薬の事は気になりますね。

さつまdot 2014.08.04 08:00 | 編集
自分は大丈夫と思っていても、案外おれているもんだよ。
だから上手に木に登れないw

それと男兄弟って母親の異常あまり認めたくないようです。
うちのだんなも男ばかりの4人兄弟で
だんなは、わかっているけど…
もう勘弁してが本音。自分の娘の病気の方が心配でそれどころではなく、

三男さんは母親との同居を拒み(ご本人様いわく、半ボケの母は、ひきとれない。出張も多く自宅にいないし)地方勤務希望して、転々と転勤。お金だすけど口出さず。4男くんは10年両親と暮らし、介護に関しては、充分面倒みたし口も出さず。お金もだしませんし、寄り付きません。結婚2度も潰されたら、うらみしかないから手なんぞ。だすもんかだって(これも認知症のなせるわざ)
一番厄介ものは、いまだ現状を認めない次男さんです
口だすくせに金ださず手もださず

で、二言目には
「かーちゃんは寂しいだけだ」と言い張るのだよ

火事を出す前に、私達の側に結局義母を引き取ることになりそうよ

次男文句たらたらですけどね。だからお前が引き取れよ!と実情をしった兄と弟たちが言っている。


買い物の楽しみ方も解らなくなった母親の実情を知っていただくために、1週に1度はきてもらって、冷蔵庫や部屋の内情をみてみらうといいよ
そして掃除してもらうといいよ
腐ったものが溢れ、異臭をはなつありさまを

百聞は一見にしかず。
それでも大丈夫だというなら
お母さんを引き取ってもらうのが一番だと思う

実母ですもん。介護するのは当たり前〜🎵
きつねかーさんdot 2014.08.04 08:15 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。