--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
08.06

私は木から降りることにしました

Category: つれづれ事
今朝、義弟から長いメールがきました。



結局は、先月ずっと私が動いていたことはほぼ否定で、セブンミールも形を変えてお弁当ではなくおかずだけにして、義母にご飯を炊いてもらう。これもいつまで続けるかは保留で。

生協の共同購入でなるべく食料はまかなう。

週に2日のお風呂と夕食のついでにゴミ出しやお掃除をしてもらう訪問介護も、もしかしたら母が嫌がればやめる。

習い事へ通うのも私が送るのではなく、タクシーで行くからいいと。

日常で着るものも小さなタンスは買わずに、今のまま段ボールでいいと。

居間の汚い絨毯もそのままでいいと。

今は手首の捻挫がショックで混乱しているだけなので、義母は認知症ではない。

だからお薬も飲ませないと。



義母はこんな状態で一人で生きていけというの?




ひとまず、私はこの木を降ります。




何一つ、お義母さんに対して手を貸すことはなくなりました。

反論メールで、夜に義母から電話で私と同居したいと言われたこと。それを受けて、翌日、同居の母の特養の予約を入れることにしたこと。

生協も義母に辞めたいと言われて手続きをしたこと。

何一つ、勝手にしたことはないと。

だけど、ちょうど介護うつになっていたので、お言葉に甘えて休ませていただきます。

と送りました。





きっと。後から「良かったでしょう~介護しなくてよくなったんだし~」って思えるのでしょうが・・・

今の私は、怒っています!

ええ。結構。久しぶりに怒っています。

なんだろね・・・このラッキーって思えない不器用さは・・・切り替えが悪い・・・




寝たら落ち着くかな。

オヤスミ。





一日の最後に自分の気持ちをここで吐き、うんうんと聞いてくれる皆さんを感じることができて、私は保っています。

ありがとうございます



ブログ村のランキングに参加しています。

今日はナチュラルライフ部門2809サイト中~2位。


ランキングは下の四葉のクローバーのバナーをクリックしていただけるとポイントが入ります。

あなたの愛のポチを~お願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村






関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://maiko11.blog26.fc2.com/tb.php/1770-4506ceff
トラックバック
コメント
登る木を切られちゃったんだね

うちの次男さんと同じだ。
それだけ書いてきたって事は、

義母さまの半ぼけしている話を信じてるってことだよ

長男さんのように、傍観しましょうよ
汚れた絨毯のかびで、肺炎でもおこせばちったぁわかるんじゃない?!
腐った食べ物で溢れかえって
汚れた食器で溢れかえる

今は薬で落ち着いて見えてるからそういえるんだよ
事実上「あんたに任せたら、母が病気にさせられると」信じ切っているんだから、今後は一切。お義母さまのからの電話には出ない方が無難だよ
用事頼まれたら、
「三男さんにおねがいしてもらってください。私はもうなにもできません。」と断ることだよ

ご主人にもメールをちゃんとみせて
こう来たら、
私たちなんにもできないよね
自分の味方でいてもらうといいよ
所詮しがない三男。子供のだだこね
お兄ちゃんずに勝てないんだから
そのお嫁さんに対しての無礼

これはもう兄ちゃずから見限られちゃうかも…
「お前が引き取れ。医者なんだろ?!」って
まだ木はあるよ?たまには地上の暮らしを堪能するのもいいですよウキッ!
きつねかーさんdot 2014.08.06 07:31 | 編集
傷だらけで木から降りたのですね。

弟さんはきっとこれから現実を知り、もがいて行くんでしょうね。

ただ、否定された方は直ぐには立ち直れない。
頭の中をぐるぐる色々な事が巡ってしまう気がします。だって心から介護を受け入れていたのだか。
なんか切ないですね。

私ならぶちギレしちゃうな。
さつまdot 2014.08.06 08:20 | 編集
おはようございます。

解らない人には 絶対解ってもらえない問題なんですよね。
そこには 自分の母の現実を 受け入れなれない義弟さんがいるんですね。

ミリわんさん。
ここは ラッキーと割り切りましょう。

私の母を 義姉が 同居で見て下さっていた長い時期がありました。
義姉が 長い闘病生活に入り その頃は兄もバリバリで 働いていたので 姉兄たちで話し合い 私んちが母を受け入れる事が決まりました。
ええ~~~なんで私が・・・
と思いましたが 仕方なくいいよ~と返事しました。
母の見の身の周りの物をうちに運ぶ段になって
母が さめざめと 泣きながら 行きたくない。
息子と暮らしたい。
と 駄々をこねました。

私たち夫婦は 影でこっそりピースサインをしあいました。

昨年母がなくなったので もしかしたら 10年間私は 母の介護をしていたかも知れません。。

色々問題ありの兄ですが 親身に母の面倒を見て貰った事には感謝しきれません。
きなこdot 2014.08.06 09:20 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2014.08.06 18:19 | 編集
・・・そうですか。
それはひとまず、木を降りる、としか言いようがないですよね。
私なら泣くかもしれません、悔しくて、悲しくて。

お義母さん、ミリわんさんを頼って電話してきたのに。
今までのドタキャン・・・ミリわんさんにはその時々の本音を言えたからこそのことと思うんですよね。頼っていた、信頼していたから言えたんだと思います。お義母さんの訴えにウソはなかったはず。


ラッキーと思えないのは、悔しさ、虚しさだけでなくお義母さんの事、任せて大丈夫かしら?と心配なのでは?
でもそこまで言われては、今は任せてみるしかない状況かと。。。

ミリわんさんは、大切な奥さん・お母さん・娘さんです。
お嫁さんの役割ばかりではないし、何よりミリわんさん本人の為の時間を遠慮なく使ってほしい、って思います。(すみません、えらそうに言ってしまい)
かめこdot 2014.08.06 20:17 | 編集
本当に兄弟って面倒くさいよね〜
きっとお義弟さんは、兄の嫁がいろいろやってること自体、
ジェラシーを感じていたんでしょうね。
忘れちゃいけないのは、男はいつまでもマザコンだってこと。
マザコンの度合いが人によって違うだけで、
死ぬまでマザコンで、もしかしたら死んでもマザコンなんですから。
これは女にはなかなか理解できませんよね。
マザコンにとっては、母はいつまでも偉大な母なのですから…
お義弟さんの感情のほとんどがマザコンが故のような気がします。
介護が必要だとわかっていても、母の立場を守りたいのでしょう。
偉大な母が、人の手を借りないと生活できないなんて認めたくない。
またいつか自分を抱きしめてくれる母に戻ってくれるはず…
そう心のどこかで思っているのですから…
きっとミリわんさんが、お義母さんを可哀想だと同情する気持ちも、
お義弟さんには解せない感情なのでしょう。
頭に来る気持ち、ものすごくわかります。
せっかく木に登ろうと思っていたのに…
でも、なかなかマザコンには勝てないのです。
そのメールは、旦那さまに見せたのかしら?
旦那さまは、お義弟さんよりマザコンっけが少なそうな気がします。
だいたい男兄弟は、反発し合いますから、
お義弟さんがマザコンなら、旦那さまは一歩引いて冷めた目で見ているんじゃないかと…
ミリわんさんも、一歩引いて冷めた目も時には必要ですよ。

イライラしても、凹んでも、自分が損するだけですから…
お義母さんとお義弟さんの今後の展開を、傍観していたらいいと思います。
お義弟さんが、お義母さんの幸せのために、手を貸して欲しいと言うまで、
ミリわんさんは、ご自分のお母様のことを大切にされたら良いと思うの。
ミリわんさんとお母さんの時間も、永遠に続くわけではないのだから…
この際、やった〜♪って肩の荷をおろして、自分の時間を大切にしてください(^^)
Saoekodot 2014.08.06 21:14 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。