--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
09.10

死の種類

Category: つれづれ事
今の私はザワザワしています。

どうも最近。周りの方の死が多くて。

それも、まだ若い方が。





これから書くことは私個人の感じ方ですので・・・

ミリィが死んだとき、「このペットを亡くした時の悲しみって、子供を亡くした時に似ているのかも」と思ったのです。

こんな深い絶望的な悲しみがあるんだ、と・・・

今思うと、ひたすら悲しみの感情に浸れる。溺れることが出来る、ということです。




夕方。同級生のダンナ様が亡くなられたという連絡がありました。

4月に久しぶりに会った友人。その翌月から急な看護生活をしていたとは・・・

私はパートナーの死の想像はまだ出来ていませんでした。

ずっと親たち3人の介護をしていて、順番に見送る日がくるまで頑張ろうと漠然と思っていただけで。

でも。そうだ。・・・順番なんてなかったんですよね。



パートナーの死となると、悲しみと同時に大きな不安もやってきます。これからの生活をどうしようと。

ペットの死の時のように、悲しみの海の底にい続けるわけにはいかなくなる。

子供もいる。介護している親もいる。生活も支えなきゃならなくなる。





スモークツリーの落ち葉が紅葉していました。

RIMG2239.jpg





生活がガラッと変わる。

あ。

これって。離婚の時に近いんだろうな・・・自分のこの世で生きる人生の中から、その人が居なくなる。

って。

これまた想像の中でしか解らないことなんですが。




ごめんよ。

やっぱり。

私は、親は子どもよりも先に逝ってほしい。

っと、今日、思ったの。




87才、88才、90才の親たちにとっては、とんだトバッチリだよね・・・ごめん。





一日の最後に自分の気持ちをここで吐き、うんうんと聞いてくれる皆さんを感じることができて、私は保っています。皆さん。ありがとうございます



ブログ村のランキングに参加しています。

今日はナチュラルライフ部門2815サイト中~あら~真面目に書いていても3位に

ランキングは下の四葉のクローバーのバナーをクリックしていただけるとポイントが入ります。

あなたの愛のポチを~お願いしますにほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村





関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://maiko11.blog26.fc2.com/tb.php/1803-40ac10e8
トラックバック
コメント
順番あるちゃあるんだけど…
アクシデントってヤツがこの世には存在している
天のさじ加減なのか?
体の寿命がきたり
自然災害や事故だったり

決まった生の終焉をそれぞれの時間を持って生まれてくる。だから
毎日を大事に生きることが、大事だよね。

ただ順番通りに終焉を迎えて、送られたいよね。
きつねちゃんdot 2014.09.10 11:08 | 編集
そうね。
順番なんてないわ。
私には子どもはいないから、ダーリンが逝ってしまったら、
あとを追いたくなるかもね。
あとを追った奥様たちを、何人か知ってるわ…
私の行動範囲の中で何人かいるって、すごい数よね。
ダーリンは私の身体の一部だと思ってるわ。
お互い依存しあって生きている。
でもそれって、ものすごく幸せなことだと思うのよ。
Saoekodot 2014.09.10 17:28 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。