--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
09.11

後を追ってきても喜ぶわけがない

Category: つれづれ事
家族の死にあったばかりの人に対して、何が出来るのでしょう?

父を亡くした時の気持ち、愛犬のミリィを亡くした時の気持ち、同級生を病気で亡くした時の気持ち。仕事の先輩を自殺で亡くした時の気持ち。

あの時はどうしたんだっけ?私。




周りにある目。

というか。

声かけもそうですが、言葉がなくても「気にかけているよ」「見ているよ」というなんとなくの人のオーラを感じることができて、やり過ごすという感じでしょうか。

ここが仕方のないところだけれど、時間の薬が必要。待つしかない。焦るけれど、待つしかない。




待ちきれず、後を追う方がいるって、Saoekoさんが昨日のコメントで言っていたけれど。

生きる気持ちを無くし、病気になって亡くなるのはまだ仕方ないと思うけれど、自殺はいけないと思う。

Saoekoさん。ダンナ様が亡くなっても後を追っちゃいやだ!(って、ダンナさまは元気なんだけれど)

私や周りの人の人生も悲しみの中に落ちるの!(だから、元気だから)

人生って夫婦二人で生きているんじゃないべさ!(急に北海道弁)

もしパートナーが後を追ってきたとして「ああ~これでまた一緒だね」って喜ぶと思う?嬉しい?



とは言うものの、経験したことがないから大きなことは言えない。



経験したことのないものへの怖さ。

経験したからこその怖さ。




真剣に想像すると、生きることは怖いね・・・




って。

今日は散らかった記事でごめんなさい。

(今。札幌はスゴイ雷です)






一日の最後に自分の気持ちをここで吐き、うんうんと聞いてくれる皆さんのオーラを感じることができて、私は保っています。皆さん。ありがとうございます



ブログ村のランキングに参加しています。

今日はナチュラルライフ部門2815サイト中~あら~真面目に書いていても3位に

ランキングは下の四葉のクローバーのバナーをクリックしていただけるとポイントが入ります。

あなたの愛のポチを~お願いしますにほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村





関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://maiko11.blog26.fc2.com/tb.php/1804-1bd33b8d
トラックバック
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2014.09.11 09:09 | 編集
大丈夫!絶対に後追わないから!
悲しみのどん底で、後を追いたくなる自分にしばらく酔ってから、
あとは前にコメントに書いたように、生き残った者勝ちを楽しむのよ♪
お墓参りを何年かしたら、キレイに片付けちゃうから!
それから老い支度をはじめて、最期は幸せな孤独死を目指すのよ!
これが私の人生プランだから♪

亡くなった後の世界って、きっと素敵なところだと思うわ。
だって誰もが行かなきゃ行けない場所なのよ。
わからない場所なら、楽しいところって想像して置く方がお得だわ♪


Saoekodot 2014.09.11 09:44 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2014.09.11 15:00 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。