--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
10.11

罰当たりな

Category: つれづれ事
札幌は朝から低気圧のせいで風と雨。

目覚めた時から首の痛みで・・・でも、母をショートステイに送り出さなきゃ・・・着替えや朝食・・・うう~

こんな時が介護は一番辛いなって思います。



首にロキソニンテープを貼って、カラーを巻いて、なんとか送り出しバタンキュー!

お昼一番に義母宅へ出掛け、頼まれた買い物をして、習い事へ送って、午後3時ごろにいつもの手作りパンの「どんぐり」で昼食。

その頃には、首も楽になってきて、一息つけました。

ま。ここまで動けたし~動こうという気持ちも萎えなかったし~まだ私イケル!w



庭もそろそろ冬支度。

斑入りのミズキも葉先がピンクに~IMG_0025.jpg


ああ~ここまで繁って・・・奥のブリキのバードハウスがクレマチスで覆われて見えなくなっていたわ。

ヨッコイショ。

IMG_0026.jpg~あ。見えた!





帰りにお土産でパンを買って、従妹の家に寄りました。

実は、従妹のニャンコに癌が見つかり、あと半年はもたないと聞いたのです。

「顔を見て行って」と言われ抱っこされている子をナデナデしました。

普段は触らせてくれない子がなでさせてくれた。

弱っているとはいえ、じ~っと我慢してくれた。

ありがとう。



帰る時に泣いている従妹に、「悲しくて当たり前だから。こればっかりは仕方ない。親の死よりも辛いかも。」なんて、罰当たりな事を言ってしまった私である。

・・・さ・・・今日も、誰かにあやまっておこうか・・・ごめんなさい。







一日の最後に自分の気持ちをここで吐き、うんうんと聞いてくれる皆さんの気配を感じることができて、私はブログを続けることができます。ありがとうございます



ブログ村のランキングに参加しています。

ナチュラルライフ部門2818サイト中~ひとつ上がって今日は5位に。

ランキングは下の四葉のクローバーのバナーをクリックしていただけるとポイントが入ります。

あなたの愛のポチを~お願いしますにほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村







関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://maiko11.blog26.fc2.com/tb.php/1833-0ac904a5
トラックバック
コメント
でもその気持ちわかる…親の葬式ではなくこともなかった。それよりもやっと解放された〜🎵
と大変な罰当たりな娘であったし、姪の小さな棺を見ても、痛いのや苦しい事からやっと解き放されたんだね…
と見送るおばさんだったのに、
れいの中毒…今回ばかりは、泣いた。泣いた。中毒の解毒は難しい
。タイミングを逃せば命を落とすともいわれ。病院に置いていくのが切なくて切なくて、親との時間は長いけど
純粋な生き物たちとの時間はわずか20年…一途によせてくれるその信頼に自分はちゃんと答えきたか?悔いが残らぬようにちゃんと愛せたか?!

と何度も自問自答した

罰当たりとは親は思わない。自分の子供をそうして育てて来ているもの
なので、そうきにすることもないと思うけどね〜🎵せんじつの放送禁止用語のラインに引っかかったら(坊さんずは結構口にするが誰も気に留めない。品格を教えるには最高の禁止用語なので
…)思いやりがそこにあればバチはあたらないのです。



きつねdot 2014.10.11 08:29 | 編集
「去年、親が死んで…愛犬が亡くなったの…」
と、お友達に言われてビックリした!と、ダーリンの伯母さまが言ってたわ(^^)
みんなそうなのよね。
ペットロスはあっても、親ロスはないものなんだろうなぁ〜
どっちも精神的に依存していたらダメなんだろうけど…

よく『老い支度』っていうでしょ?
でも、たぶん『送り支度』も大事なんだと思う。
親を送る日。愛する小さな命を送る日。
必ず来る日だってわかっているのに、
すごく遠い日のことだって思い込んで考えないようにする。
でもね、
本当はいつか来るその日のために、毎日生きているのにね。

私も、えこたちを送る日のことなんて考えるだけでも涙が出て来る。
それでも、考えるよ。
その日をきちんと迎えるために、
えこたちの一生がより豊かで幸せなものになるように、
短い一生の中で、どれだけ幸せな思いをさせてあげられるかな?
私の人生の犠牲になんてしていないかな?
側にいて欲しいと願うときに、ちゃんと側にいてあげられているかな?
いつもそんなことばかり考えてるよ。
親を送る日のことも。
いい人生だったって言ってもらえるように、
いっぱい話すし、いっぱい出かけるし、
できるだけ一緒に過ごせるようにしなきゃって思う。
子供は私1人しかいないんだから、私が裏切ったら何もなくなっちゃうものね。
いつか来る『送る日』と『老いる日』のために、
人は毎日生きているのよね(^^)
だからこそ楽しいし、キラキラ輝いてるし、愛おしいと思うんだ〜♪
ちがうかな?
Saoekodot 2014.10.11 14:16 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。