--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
01.07

不自由な心と体

Category: つれづれ事
雨と風の札幌。

雪の上に雨が降ったものだから道路はグチャグチャ。

で。

たぶん明日はデコボコのスケートリンク。ああ~怖い。引きこもるに限る。うん。



この爆弾低気圧のおかげで今朝はムチウチの首痛で起きられず・・・いつまでこんなことが続くのか?ま。ずっとだよね。仕方がない。

今日はデイサービスが休みの母がいるのでなんとか起き上がり、ロキソニンテープを首の後ろに貼り、ホッカイロで温め、ムチウチのカラーを首に巻いて~夜の紙パンツを取り換えたり、朝食を出したり。頑張る必要があるから頑張れる。




ずっと居間にいる母を見張っているわけじゃないんだけれど、なんとなく一緒に居間にいることになる私。

昨日から今日にかけて一気読みした本(マンガ)には、なんとなく共通点があった。


介護現場の本。「空也上人がいた」新井秀樹~山田太一さんの原作です。

キツイ本です~IMG_0490.jpg

介護は好きじゃないけれど~私一人でやっているのでもないけれど~孤独感が強くて、他の人はどうしているのか知りたくなるのです。

題名にもなっている「空也上人」は浄土宗のお坊様で、本の中に京都の六波羅蜜寺の仏像が出てきます。

最近買ってまだ読んでなかった雑誌に載っていました。

IMG_0492.jpg IMG_0493.jpg

ねぇ~なんでだかね。ちゃんとそんな流れできちゃうんだよね。




そして、ずっと買っているのに読む気がしなくて3冊もたまってしまった「リアル」井上雄彦

IMG_0491.jpg~車イスバスケの本



年をとって認知症や自分では動けなくなった人。

事故などで下半身が動かずとも車イスバスケを始める人。

そんな人たちを支える人。

みんな。みんな。

心も体もどちらが先ということはなく、連動しながら不自由になっていく。




不自由ではあるけれど。

不幸せとは違う。





「空也上人がいた」に、認知症ではなく車いすに乗ったお爺さんが出てきます。

彼の言葉がこれからの生きる目標のひとつになりそうです。


なにもかも承知で、だがただ黙って、同じようにへこたれて歩いてくれる人


そんな人に私はなりたい。






一日の最後に自分の気持ちをここで吐き、うんうんと聞いてくれる皆さんの気配を感じることができて、私はブログを続けることができます。ありがとうございます


ブログ村のランキングに参加しています。

ナチュラルライフ部門2846サイト中~今日は2位

ランキングは下の四葉のクローバーのバナーをクリックしていただけるとポイントが入ります。

あなたの愛のポチを~お願いしますにほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://maiko11.blog26.fc2.com/tb.php/1921-c43457af
トラックバック
コメント
リアル…以前は好きで読んでました
でも、現実自分の娘が車椅子生活になってからはりあるに避けてますw

次男の同期に両足義足のこがいます
底抜けに明るい奴と次男はいいます

体は身障だけど、心まで障害は持ってないとニコニコ言う方だそうで、今
一番の娘の心の拠り所のお兄さんです
^_^
介護の本や手続に関する本を読むのは、しんどいな正直。でも読まないと
いけないからそろそろ腰を上げて読むとするか…
きつねdot 2015.01.07 09:04 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。