--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
05.14

一人じゃ決められなかった

Category: つれづれ事
昨夜中、降っていた雨で今日の庭の土はべちゃべちゃです。少し晴れ間が見えても庭作業はできず、今日は昨日の疲れもあって、母をデイサービスに送り出してから、ボーっとドラクエをしていました。ええ。廃人状態。



最近のヒットです。九井諒子さんの短編集。妙にホッとするファンタジーです。

家族のお話~IMG_1251.jpg





昨日の記事のコメントで、ブロ友のきつね母さんが「お母様も何処かで感じていた罪悪感から解放されたのだと… 」

ああ。

そうか。

怖がりの母は一人じゃ決められなかった。

子離れするのをずっと拒んできた。

子供の頃は自転車禁止、マンガ禁止、駄菓子屋禁止、お祭り禁止・・・

大人になったら家から出て一人暮らし禁止、運転免許取るの禁止、門限23時・・・

もっと自由に遊びたい。

そう思ってきたけれど。

今、考えると、文句や嫌味を言われながらも、私、ちゃんと遊んでいたw




でも。もう最後の足かせをとるね。

あら。よく見たら、この足かせ。ペラペラの紙で出来ている。

本当は、いつでも簡単にちぎれたんだ。






毎日一日の最後に自分の気持ちをここで吐き、うんうんと聞いてくれる皆さんの気配を感じることができて、私はブログを続けることができます。ありがとうございます

ブログ村のランキングに参加しています。

ナチュラルライフ部門2867サイト中~今日は3位

ランキングは下の四葉のクローバーのバナーをクリックしていただけるとポイントが入ります。

あなたの愛のポチを~お願いしますにほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村





関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://maiko11.blog26.fc2.com/tb.php/2048-fda4dfcc
トラックバック
コメント
いつかは掴んでいた手を離さなければいけない時が来るよね。

すんなり受け入れる事が出来る人は、ある意味幸せな人なのかもしれません。大なり小なりあると思うんだけど、我が家のぢつ母も子離れできない人です。

彼女複雑な子供時代を経験したせいか?。子離れを怖がり、遠方に結婚する事を反対し、自分で探して来た見合い相手と結婚させましたが、(今の旦那(^^;;)会社を倒産させ、その日の食べ物にも事欠く様になり、坊主の仕事に復帰した私に向かって、
ぢつ母は一言…
「こんな暮らしさせる様な男なら、海自さんと結婚した方が良かったね
後でわかったんだけど〜海自の人って船に乗ってったら3ヶ月は帰って来ないっていうんじゃない。うちでずっと暮らせたね!!あんなに反対しなきゃ良かった。堅実だし。お手当てもね良かったのに…亭主元気でだしさ。」

オイオイ…今更いうか?!

最近は歳をとり、寂しがっていますが一緒に暮らそうとは言いません。

一人でいいと決めたのはぢつ母である。旦那の母親が生存している間は、来いとは言えないし、いう気持ちもない。

これぐらいの距離が一番いいと思えるから、一人で決めた事であっても、覆される事もあるのだよ。

決めたねぇさんもお母様も良しとした!まさにブラボーな関係になれたのだね(^_^)

娘の介護を考えるといてくれた方がと思う時もあるけど、自由には変えられない!!(爆)

きつねdot 2015.05.14 14:18 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。