--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
07.01

「だけど。」

Category: つれづれ事
今日の札幌は冷たい雨。

雨に濡れる巨大なスモークツリーIMG_1550.jpg

IMG_1551.jpg~この色好きよ







ひとつひとつ私は思い出してきています。



私は子供の頃から「ピアノを習っている」ということがコンプレックスだった。

そうだ。これを思い出した。

一人っ子でピアノを習っているというと「お嬢様なのね~」と必ず言われた。

ついでに「ワガママに育ったでしょ?」って。

なんの根拠にそう言われるのか。

で。なんだか誰も寄ってこない。母が私の友達を拒否するから、余計に誰も寄ってこない。

確かに昭和30~40年頃でピアノを習っている人は教室に1人か2人だった。そのまま音楽科まで進む人も少なかったから、今冷静に考えると、そう言われても不思議じゃないかもしれない。


練習は嫌いだったし、母がやれと言って始め、絶対にやめさせてくれなかった。グランドピアノの下に潜り込んで泣いてレッスン時間が終わったということもあった。

なのに。「よく短大まで続いたよね~」って言われる。本当にね・・・

私、あきらめちゃったんだ。母に抵抗するのを。


小学校時代も「私、お嬢様じゃないもん。」ってずっと思っていた。

だって、母はお肉屋さんや八百屋さんで働いて、家も借家でお風呂のない家だったし。小学校時代のアップライトピアノのまま、ほぼ間違って受かっちゃった短大時代も、ずっとバイトしながらおこずかいと交通費を稼ぎながら通っていたし。他の友人たちは「〇〇先生の個人レッスンに行った?え?行っていないの?」って全く業界のことを知らずに来た私は「すみません。間違えました。」って思ったし。ヨーロッパのオペラを見に行く学校の研修旅行も行かずに、学校で自習していたし。

プライドの高い母には「人様には絶対に言っちゃだめ」と言われていたし。

教職の資格も取ったけれど「札幌以外の地方の学校に行っちゃダメ」って。無理だろそれ。

卒業したら、もう許してもらえる。そう思っていた。

普通のOLになった時、母はもう満足したんでしょうね。

地方の先生になって家を出るくらいなら、OLで家にいる方がいいと思ったのでしょう。



と。

こんな風に書いても。

「だけど。お母さんは一所懸命あなたの将来のことを考えて働いて習わせたのよね。」

「だけど。あなたも結局やめずにきて、今、良かったじゃない。」

大概の人はこう言います。

「だけど。」

この言葉は、私の気持ちをザックリ否定するってことが解った。




そうだ。結局、今、私はピアノ教室を自宅でやって、楽しく稼がせていただいている。

そこを言いたかったわけじゃないのだ。

・・・・・未完了の思い。





さて。長くなったので。続きはまた明日(かも・・・)






毎日一日の最後に自分の気持ちをここで吐き、うんうんと聞いてくれる皆さんの気配を感じることができて、私はブログを続けることができます。ありがとうございます

ブログ村のランキングに参加しています。

ナチュラルライフ部門2880サイト中~今日は4位

ランキングは下の四葉のクローバーのバナーをクリックしていただけるとポイントが入ります。

あなたの愛のポチを~お願いしますにほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村





関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://maiko11.blog26.fc2.com/tb.php/2094-af8a1392
トラックバック
コメント
自分が好きで好きでどうーしょうもなくピアノを続けていたら
、きっとさ、もっとピアノを楽しめたよね。でも現実はお母さんに抵抗するのを諦めて、続けてきた事の思いをしってほしいのではないかな?

私は逆に音楽が好きで、叔母の勧めもあったし、(この叔母が滅多に私を褒めた事がない人で、その叔母が褒めちぎり絶対に声楽科に行かせろと母を説得した経緯がある)声楽をしたかったが、母は声楽家にさせるよりも坊主にさせる事を選ばせたw

音楽で飯が食えるか?!

確かに私の年で音大に行くなど、ブルジョア家庭なぐらいなもので、しがない郵便局の保険屋親父と給食調理員の母の稼ぎで、通えるような大学ではなかった。女が4年生大学を出た所で、教師以外は畑違いの会社勤めが関の山。
その会社でも一番の肩叩きで、嫁いってくれやぁー高い給料払わずに済む時代だったしね〜
それでもまだどこかでやらされていたと思う気持ち何処かにあるね。
今からでもコーラスなり、オペラ講座でもうけたら?!と思うもの
。現実甘くなぁーい
もう声出ませんがね〜お経読みすぎて、祝詞の読みすぎで…むりざんす

発声法が全く違うし、声潰したし
プンプン

今なら
抵抗し続けても良かったんだなと思うけど、私も諦めた。それほど母の存在は大きく重かったわん

いまも母は越えられませんな!はははー
きつねdot 2015.07.01 05:33 | 編集
う~ん 私は農家で子供も労働力だから忙しい時期は当然手伝いでした。ピアノはあこがれでした、
そして子供たちにはプール、体操、ピアノ習わせて。。。しまいました
娘は反発し中学で止め 期待せずほっておいた息子はピアノからギターへ進んでシンガーソングライター?!
自分ができなかった事を子供にさせた結果です。二人がどう思っているか?わかりません
カメキチdot 2015.07.01 08:44 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。