--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
07.05

母親との共依存

Category: つれづれ事
今日は少し昨日のカウンセリングの話しを忘れないうちに、しておこうかな?



今まで、私はどれだけの心の本を読んできたでしょう。

いえ、まだまだ深い勉強は始めていません。

生きて行くのに不安が大きくて自己否定をしている人がすがっていくモノ。

宗教だったり、占いだったり、霊能者だったり、パワーストーンやお守りの類。

全部やってきました。

その時はそれぞれに救われてきました。本当にありがとう。



本から知識として「〇〇だから〇〇となる」だから「〇〇だと思うことだ」

なんて、頭では解ったように思っていました。

な~んだ。ここまで心のメカニズムが解ったら、もう少しで私、悟れるんじゃない?って。

母親との共依存は解っていたつもりなんです。

介護度が3になったし、特別養護老人ホームへの申し込みもして、私はこれで母との決別が出来たと思っていました。

あとは順番がきて入所できる日を待つばかり。

今回、たかぢんさんにカウンセリングをしてもらって、実はそんな気持ちは全くなかったことが解りました。




亡き父からもらったアジサイがやっと色づいてきました。

大好きな色~IMG_1569.jpg




実はうすうす気づいてもいたのだと思いますが、超ショック!

私の方が母を求めていた。私がいなきゃ母はもう生きていけない。そう思って私は生きてきたのです。

カウンセリングの最中、何度も言われたこと。

「お母さんの気持ちじゃなく、自分の気持ちを言ってみて。」

あ?!・・・私、母の立場にたっての気持ちはスルスル出てくるのに、自分の気持ちはよく解りませんでした。

本当は・・本当は・・・何を感じていたのか?

探って・・・探って・・・どうしてほしかったのか?




出てきたのは

「もう離れたい」でした。

大好きなのに、認めてほしかったのに。

でも、もう、もらえないままでいいと。




そして

自分で母の座っている椅子(エンプティ・チェアという手法です)を少しずつ私の椅子から離していって、とうとう部屋から出した私。

たかぢんさんに「どうですか?これでいいですか?」と聞かれた時に、「はい」と言いながらすぐにブアッと涙が出てきて、

「今、親を捨てた」とも言いました。



私は親を捨ててしまった。

どうしよう。



それからまたカウンセリングしていき、私と母は別の人格だと何度も確かめました。

私は私で幸せになり、母は母で幸せになればいいと。



そうだ。

離れるためには、母に死んでもらうしかないと思っていましたが、違う。

そうじゃなく、遠くで幸せに生きていてくれたらいい。

それが望みだ。

大好きだけれど、もう介護はやめたい。

やめてもいい。

離れていい。

その許可をやっと、やっと自分に出せたのです。



長かった。





毎日一日の最後に自分の気持ちをここで吐き、うんうんと聞いてくれる皆さんの気配を感じることができて、私はブログを続けることができます。ありがとうございます

ブログ村のランキングに参加しています。

ナチュラルライフ部門2880サイト中~今日は4位

ランキングは下の四葉のクローバーのバナーをクリックしていただけるとポイントが入ります。

あなたの愛のポチを~お願いしますにほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村






関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://maiko11.blog26.fc2.com/tb.php/2098-dad751ce
トラックバック
コメント
おめでとう〜新しい精神世界にようこそ!傷ついたままの子供ちゃんの成長はまだまだだと…始まりの1歩で終りの1歩。
私も母とは共依存…離れたいと思いつつも、看取るのは私なのだろうと
弟はいても、お嫁ちゃんの世話にはなりたくない母の我儘を受け入れてしまうのでしょうね
きつねdot 2015.07.05 04:19 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2015.07.05 11:40 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。