--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010
01.06

ぎゃあぁ~バラバラ・・・告知の話②

Category: 発達障害
昨日ですね。意気揚々とレッスン室へ行ったのですよ

・・・・・・ありゃ?生徒がこないなぁ~・・・・・・

自分が書いたレッスン表を見たらですね。レッスンは6日からでしたね・・・




ミドー作「萌芽」ちゃん2010-01-06 004







昨日の記事にたくさんのコメントをいただきまして、ありがとうございます!

ここでお返事代わりになればいいな~ということも書かせていただきますね。

昨日の続きです。




小学校高学年は児童相談所から特別学級じゃなく普通学級で過ごしなさいということで帰ってきたので、学校側もしかたなく(?)6年間いさせてくれました。

その頃に私は一人で本を読み漁り、ある講演で「これだ!」というものに出会ったのです。
たまたま札幌に来ていた高山恵子さん(NPO法人えじそんくらぶ代表)のADHDの講演です。

LD(学習障害)という言葉が出てきて、たしかにこれはある。数字記号の理解の落ち込みはヒドイ。けど、それだけではない。
っとモヤモヤしていた私にADHD(注意欠陥障害)!そうだ。これこそが日常生活で困っていたことだ!
講演の途中から私は泣いていました。泣きながらメモを取っていました。

そして、同じ頃北海道の芦別に「LDも必ず受け入れます」という高校が誕生したという新聞のニュース!
それが結局息子がお世話になる星槎国際高等学校でした。今でもその時の新聞記事を持っています。


5年・6年とまた担任と友達、お母さん仲間に見守られながら小学校時代は終わります。




2010-01-06 008  2010-01-06 006






すぐ隣の中学校へ入学する際、学校間でかなりの引継ぎがあったと思うのですが・・・

中学1年の1学期で担任の先生から「この子はここにいても将来はありません。もう一度IQ検査に行ってください。」と、言われました。思わず「見切り早!」って思いましたね~ww

そこで道立心身障害者総合相談所へ行ってまた検査です。
ここでたぶんLDとADHDですねと言われました。ただ、やはりIQ的には特別学級ではないので、また普通学級へ戻るようにと・・・

この頃ダウン症の子を育てている友人と特別学級の見学にも行きましたが・・・・・
「う~~ん。ちょっと違うような気がする・・・」
大体ダンナは大反対でしたし・・・

ここの相談所で、この子は薬の「リタリン」が効きそうだ。どちらにしても一度病院へ行って診断してもらったほうが良いということで、今度は心療小児科へ・・・・・



そこでも同じ診断が出ましたが~

「この子には薬は必要ないと思う。ヒドイ2次障害が出ているわけでもないし、これから社会で生きていく術を探すほうがいいと思うよ。一度で憶えられないなら必ずメモを持ち歩くとか・・・」と先生は息子の目を見て言ったのです。

いわゆるこれが告知ですね。はっきりと。しっかりと。でも、息子は目をそらして上の空でした。





ここまででわかるように3ヶ所で検査を受けては戻されを繰り返しています

知らないこと、知ろうとしないことの恐ろしさ・・・でも知ったところで、なんの解決にもならないのです。
だから病院へ行って診断をつけることでは解決にはならないと私は思うのです。

お薬が必要な人は勇気を持って病院へ行きましょう。そしてそこでも生きる術を教えていただきましょう。

今の時代は以前と違って情報があります。手に取りさえすれば、あとは前へ進むだけです。
真っ暗闇の中でどっちの方向へ歩いていけばいいのかわからない時代ではなくなっていますよ。

さて。じゃ、どこへ相談へいけばいいのか~ひとつひとつその糸を手繰り寄せてくださいちゃんと繋がっていきますって






あ・・・・・やっと中学1年生じゃん。今日もちゃんと吐けたかな?続きはまた明日



あ・・・・・そうだ。昨日私を真っ暗闇へ突き落としたヤツ・・・ぎゃぁぁぁーーー!
2010-01-06 001

私の大大大好きな古紫ちゃんがぁーーー!ちょっと触ったらバラバラ・・・・・

あ!やっぱり!2010-01-06 002

2010-01-06 003この!根切り虫!
うきーーーーーーー!!!



・・・・・今日は虫の写真で終わる・・・・・



最近特にブロ友さん以外にコメントを入れなくても密かに毎日読んでくださる方やポチっとバナーを押してくださる方が増えたなぁ~っと実感していますちょっと一時ランキングから撤退しようと思っていたのですが・・・もう少し居座ることにしました

これからの北海道では「ナチュラルガーデン」部門でランキングに入っているのはキツイだろうと思っているのです。ましてや、今日の内容は・・・でも「ナチュラルガーデン」という言葉が今のところ私には一番しっくりくるのです。

っということで~ランキングに参加しています。下のナチュラルガーデンの文字をクリックしてランキングの画面が出てくるとポイントが入ります(PCのみ)皆さんいつもポチッとありがとうございます毎日更新しようと励みになっています(4月23日から毎日更新中)謝々!

にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://maiko11.blog26.fc2.com/tb.php/348-d804e3ae
トラックバック
コメント
姉さん、体調大丈夫?

ずーっと記事読んだけど、
>知らないこと、知ろうとしないことの恐ろしさ からの言葉が泣けた。

本当にそうだと思うよ。 いつもずっと自分に言い聞かせてたのは「今は真っ暗闇でも絶対出口はある」って。

そしてーーー古紫のバラバラにも泣けたー;;

こてっちdot 2010.01.06 19:18 | 編集
苦しく辛い時代の話ですね。確かに診断を受けた事で多少(学校側とか)変化はあっても…『その次』が大切なんですよね。ミリわんさんの確かな繋がりが、少しずつでも多くの事に繋がりになって行くんですね。長男は二次的障害が出てしまいましたが…残念ながら私はシツコイ性格!諦めません!これからも頑張ります。
さつまdot 2010.01.06 19:19 | 編集
うん・・・出口はある。そう思う。
急にバ~ンと広がる出口だったり、細くて小さい出口だったり・・・とにかく、出口はある!!!ハァハァハァ力が入りすぎた(^^;)

古紫って、やられやすいのかな~?
私のも今年の春にやられた。
触るとポロポロなんだよね・・・(><)
ゆるり花dot 2010.01.06 23:00 | 編集
うんうんなるほどー
「知らないこと、知ろうとしないことの恐ろしさ」の言葉。。。
深いわあ~~~
んで重い言葉ですねー

知りたくない・怖くて知ろうとしていない事ってのもありますね
私も一時期、分かってるけど解りたくなくて蓋してしまってた頃がありました

「診断をつけることでは解決にはならない」
んー深い!!!!!!!!!!!
がんぞうママdot 2010.01.06 23:50 | 編集
なるほど、症状が軽いことで苦しむ・・・と言うのもあるんですね。
難しい問題です。

根切り虫!こんなのなんだ!?
う~ん・・・憎い・・・。
かめむしdot 2010.01.07 13:57 | 編集
こんにちわぁ。

何事に対しても 知らないこと、知ろうとしないことの恐ろしさってあるよね。
知ったところで、なんの解決にもならないのです・・・そう 夫にはいつもそう言われています。
私は 知ろうとしてもがき 知ってからもがき解決の糸口を見つけようともがき・・・
そういうタイプです。
多分 ミリ姐と同じです。
で夫は 知らん。知ったからどうやねんーーってタイプです。
中学時代も頑張って吐き出してね。

多肉に根切り虫がいるの??驚いたぁ。


はーとdot 2010.01.07 15:20 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。