--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011
04.07

認知症の世界

Category: 介護の話
桜はまだなれど、北海道も春になりました。

薄氷の下のツルニチニチソウ~2011-04-07 005



自然界での春は嬉しくて笑顔の出ることが多いのですが、人間の生活環境面では大きく場面の変わることが多いせいか、どうも春は落ち着かないのです。今年は入学とか就職などの大きな節目ではないのですが、それでも落ち着かない・・・

2011-04-07 006 2011-04-07 014



昨日は義父の定期診断の日で一緒に病院へ行ってきました。担当医師も移動により変わっていました・・・あ~ここでも春なのね。

その夜、同居の母の様子が・・・5日にケアマネージャーが来た時に「なんで私がショートステイに行かなきゃならないの?!」っと毎月言い出す。また最初から説明の私とケアマネさん・・・そろそろ次のステップへ行きそうだな、と・・・思っていた矢先

寝る前になんとなく様子が変だな~と思って部屋を見に行ったら、上半身は明日デイサービスに着て行く服を着て、下半身は半分パンツをおろした状態でボーーっと立ち尽くしていた・・・!!!

「寝る時になにを着るのか解らない」と・・・そうかぁ~。
「服を着ちゃったから、このまま寝ようと思った」・・・パジャマの方が眠れるよ。
「パジャマ・・・って?」・・・すぐ横にあるやつだよ。
「私どうしちゃったんだろうね」・・・そうだね。疲れたからだよ。もう早く寝よう。



「俺はどうなっているんだ?」~認知症の始まった頃の義父の言葉を思い出しました。

自分の知らない自分がいる恐怖。

介護する方だって怖い。

でも、私も一緒に次のステップを上がります。だから一人じゃないよ。

たぶん義父の世界と母の世界はまた違うのでしょう。

私は二つの世界を見ることが出来るのね。

それは「たいへん」だとか「辛い」とか感情は別として、幸せなことなのだと思います。




我が家の今年の一番花~やっぱりクリスマスローズ・ニゲル!「おはよう!」

 2011-04-07 008  2011-04-07 009



先日の手相の先生に「あなたのお母さんは子供嫌いよ。その子供嫌いの人が子供を育てたの。辛かったと思うわ。体罰や虐待はなかったでしょう?食事をもらえないことはなかったでしょう?よく頑張ってここまで育ててくれたと思ったほうが良いです。」と言われました。

私は今までいろんな人から本から、たくさんの準備をしてきたのです。ここで、やっと答え合わせが出来たと思いました。 

「正解!合っています」



 2011-04-07 012  2011-04-07 011

雪の下でも花咲く用意・・・






20110318220707a07.jpg

関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://maiko11.blog26.fc2.com/tb.php/663-0d7ec181
トラックバック
コメント
ミリわんさんのお母様 ちょっと大変ですね。
でも ホントにボケたもの勝ちのところありますよね(といつも夫と話しています)
老いは自分たちの行く道・・・
私は義両親に尽くして その姿を見てもらう事によって子供たちに伝えようと思っています。
う~~ん。
伝わっているかなぁ??

クリローたくさんのお花ですね。
4月の雪 ザラメですね。
はーとdot 2011.04.07 15:28 | 編集
そっか~そうなんだ~お母様。。。。。

私も前回の記事見て、見てもらおうかな~って思ってる。。手相v-222
ふくママdot 2011.04.07 19:16 | 編集
私の家系にも、主人の家系にも、認知症は1人もいないんです。
どっちも癌家系なので、その前に亡くなっちゃってるのかも(^^;)
高校生の時に、特別養護にボランティアに行っていましたが、
他人だったからこそ、一生懸命出来たのかも…と思いました。
介護の方達も、身内だったらとてもできないって口を揃えて言うの。
ミリわんさん、無理をし過ぎないようにしてくださいね。
Saoekodot 2011.04.07 19:25 | 編集
ほんとだよね・・・お母さんよくがんばったんだね。
私も今、自分が母になって、母のいろんな気持ちがわかる。
きっと70歳になった時に今の母の老後に対する不安な
気持ちがわかるのかな~って思うよ。

たぶん、私もお年寄りをたくさんおんぶする星のしたに
うまれたんだよね~
ミリわんさんのいろんなお話、参考にさせてもらいます。
ゆるり花dot 2011.04.07 20:30 | 編集
認知症の世界なんて凄いタイトルがついてるから、
でも凄いって事じゃなく、ホントの事だったね。
そうなるのよね。
おばの近所の方もなり、子供達はご飯だけ持ってきて、
外から鍵かけちゃうから、夜中もずーと戸をたたいているって聞きました。
その方はなくなりましたが、残念ね。
子供達は見る事もなく、一人にしておいて、そうするしかなかったのか、考えられますね。
雪の下でも花は咲くのね。
それって凄い事!!
Loveママdot 2011.04.07 21:42 | 編集
お母様怖いでしょうね。。。でもそれを見守る娘も怖いんだよね。ミリワンねぇさん。・・泣いていいんだからね。私の母も子供を好きではないようです。男のこはめちゃくちゃ可愛がるのですが、私と娘にはシビアーな方です。隠しててもそういうのって解るんですよね・・子供って。春は・・あまり好きではないのです。桜を見ると悲しい気分になる。自分の誕生月でもあるのですが・・虐待もネグレストも受けてないのです
それでも横顔の記憶と後姿の記憶しかない子供はある意味不幸かも知れません。それでも義父母やお母様の介護をされようとするねぇさんは凄いと思います。
kitune-0420dot 2011.04.07 22:20 | 編集
う~む・・・
いろいろ考えさせられた。

とっても他人事じゃないし・・・
いつか、私も経験する事ね。
それも、とっても近い将来に。

今まで通用していた事が、理解されなくなったり、
自分が何やってるのか、わからなくなったり・・・
まじ、恐いわ。
側についているのも、精神的に参るわね。
悩みどころだわ・・・
モモコdot 2011.04.07 22:54 | 編集
★ぉはよぉござぃまーす(^-^*)ノ
冷たい薄氷や雪の下から芽を出してくる植物の生きる力強さを見ると、ちっぽけなコトでくじけてるアタシを励ましてくれます。
ミリわんさんのブログで前向きになれてるアタシですヾ(^-^*)ヽ


ミナモdot 2011.04.08 11:31 | 編集
どの感情なのか解らない涙が出てきてしまいました。

お母さんの事。きっと間もなく私も向き合わなくてはならなくなる。
お父さんの事。
手相の事。
そして、答え合わせが出来たと言えるミリわんさんの事。

私の心にくるものがあります。

また来年会えるかな?っと言っていた植物達と再開ですね(^^)
dot 2011.04.08 11:47 | 編集
こんにちは、言蔵です(^^)

今回の記事、興味深く読ませていただきました。

私も介護福祉士で、
ケアマネージャーの資格を持っています。
また、現在はショートステイの職員です。

お話しの内容、よくわかります。

短期的な記憶が失われ、
状況判断能力が失われているので、
数秒前に自分が何をしたのか憶えていません。
また、身の回りの道具、衣服、食べ物などを
客観的に識別するのが難しくなるので、
本人にすれば、全く身に覚えのない出来事が
自分の周りに次々起こり、
非常に不安になります。

詳しいことは、情報が少なくわかりませんが、
認知症には、いくつかタイプがあり、
進行性のものだと、より本人の思考や感情が不安定に、
なりやすくなります。

大切なことは、
本人の気持ち、訴えを否定しないこと。
本人の行動を認めてあげて、
「そうだね。分かったよ」
とまず受け止めてあげること。

ですが、
これは介護者に重いストレスがかかります。
介護する側が、ダウンしては本末転倒なので、
うまくストレス、疲労をためないことが、
非常に大切になってきます。

そのために、デイサービスや訪問看護、
ショートステイなどを上手に利用しながら、
高齢者、介護者双方を守って、
かつ、認知症のあるご本人のためになる、
そんな生活サイクルを作っていくことが大切だと思います。

また、もうひとつ介護する側に大切なことは、
完璧主義にならないこと。
そもそも、認知症の方の世界は、
不安に包まれて、難解で複雑な世界に支配されています。

完璧に目の前の問題と向き合おうとすると、
自分がパンクします。
認知症の方の気持ちに寄り添いらがらも、
自分のこころの余裕、自由な時間を、確保して下さい。

それが、長い目で見て、必ず高齢者、家族、
双方にとって幸せに近付いていきます。

ミリわんさんも無理せずに、
がんばって下さいね。
応援していますよ。

私でもよかったら、相談に乗ります。
鍵コメでも何でもいいので、連絡下さい。
微力ですが、アドバイスできるかもしれません。

それでは、無理せず、お元気で!

また、お邪魔いたします(^^)
言蔵(ゲンゾウ)dot 2011.04.08 15:26 | 編集
こんにちは。

ミリわんさんの記事と、言蔵さんのコメントを読んで、う~んと考えこんでしまいました。
お義父さんの「俺はどうなっているんだ?」発言はつらいですね。お母さまも、ご自分で「なんだかおかしい」と思っていらっしゃるのですね。
でも本当の気持ちは私がそのときにならないとわからないんだろうなぁ・・・。

ミリわんさん、無理しないでくださいね。
ゆんこdot 2011.04.08 16:41 | 編集
 桜だ桜だと浮かれているのはまだまだ少しの地域でしたね。こちら横浜では早散り始めました。
 自宅での介護のこと、うちも覚悟しなきゃなと思いました。本人も何が何だか分からなくなってしまうのだから心細く可哀そうですね。この気持を忘れないようにします。
猫亀さんdot 2011.04.08 20:09 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。