--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
01.13

大掃除

Category: つれづれ事
今時期・・・娘の部屋の大掃除と模様替えをしています。女二人で6畳間の大移動!これはしばらくかかりそう・・・

雪かきで両手首が腱鞘炎ぎみだっていうのに~これが頑張っちゃうんだ。とにかく私は子供の頃から模様替え大好きだからね!

子供の頃の私の部屋は4畳半で、その中でぐるぐると家具の移動を一人でしていたなぁ~(変な子w)




模様替えすると嫌でもお掃除をせざるおえなくなるから良いね。気分転換になるし。断捨離できるし。




これは頂き物のサンキャッチャー2012-01-12 006

サンキャッチャーって素敵な名前だね。光を掴まえる。

手をのばしても掴まえられない。って思っていたけれど。自分が掴んでいなかっただけかも。って思えるようになってきた。







昨日の本でも心屋さんのブログでも、やっと整理できた事があります。

母親の支配って「娘を分身」だと勘違いしているからだと。

それが最近思い当たって納得したわけです。

昨年あたりからの母と私の会話です。母が毒のある言葉、行動をした時に~


私「それ、同じことをデイサービスの人(又はダンナや子ども達)に言ったの?」

母「そんなこと言うわけないじゃない!アンタが娘だから言うのよ。」

私「私だって人間だからね。なんでも言ってよいというわけじゃないから。」

母「あ。そうなの。」


って。ここまで言えるようになった私。良かったなぁ~


信田さよ子さんの本「さよなら、お母さん」では母に謝罪の言葉を引き出せた娘はそう多くないとありました。母親が衰弱したり認知症にならないかぎり実現できないと・・・

佐野洋子さんの本「シズコさん」では認知症になりすっかり可愛くなった母を許せ見送ることが出来たとありましたし・・・



それを考えると今の状態(認知症)になって毎日「ありがとう」という母になってくれて私は救われたのだと思いました。

実は2年前までは母が死ぬのが怖かったのです。

このまま死んだら身体は無くなったまま、母はずっと私の周りにつきまとい、私は母の影に脅えて生きていかなければならないのかと思っていたのです。

この感覚は多くの人には解らないと思います。それでも同じ思いをしている女性がいるということが解っただけで救われました。だから自分だけが「おかしい」と思わず本でも人でも探し求めてください。いつか繋がる時がきます





2012-01-12 005~お日様を探すスザンナエ





家族のあり方。親へも子供へも、他者としての尊厳を認めて接する。

「介護職員さんがその言葉を言うのか?」「会社の人にその言葉を言うのか?」



そんなこと会社の人には言わないよ~

そんなこと近所の人には言わないよ~

そんなこと学校の先生には言わないよ~



って言葉や態度なら・・・家族内でも使わない








ランキングに復活しました。下の写真をクリックしていただけるとポイントが入ります。

              にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
              にほんブログ村




優勝しました!~ガーデン・エクステリアブログトーナメントに「レンガの飾り塀~完成」の記事で参加しました(1記事の期間限定のトーナメント制)応援ありがとうございました

                        ガーデン・エクステリアブログトーナメント - 花ブログ村
                         ガーデン・エクステリアブログトーナメント




今日はポチ逃げします


関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://maiko11.blog26.fc2.com/tb.php/840-71a8ac0e
トラックバック
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2012.01.14 08:28 | 編集
 母には全然気を使わない私はきついことこの上なし。先日、元旦那さんに、そんなにきつく言うんじゃないぞと言われてしまいました。反省していますが、なかなか…
猫亀さんdot 2012.01.14 18:54 | 編集
親子って遠慮がないのは、事実ですね。うちもそうだったし。。。

何かにつけてしてやった、いつだってしてあげてるんじゃない。

頼んだのは確かに私。。でも恩着せがましくいわなくてもいいでしょ
と大喧嘩。あんたらみたな親を持った子供の悲劇がわかるかぁ

と叫んで5年間の断絶しました、
その5年間のなんともいえない開放感忘れません、^^;

呪縛されていたのではなく呪縛していたのは自分だったのかも・・とこのごろ思いますね、

母も年をとったのか、束縛しなくなって自分の時間を謳歌してるし、娘としては、今が一番いい付き合い方かもしれないねぇ~
きつね母じゃdot 2012.01.14 20:20 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。