--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
04.05

丁寧に生きなさい

Category: 介護の話
見つけたばかりの人生の課題 「待つ」 がなかなか厳しいんだ。


娘が起きてくるのを待つ。

母の仕草を待つ。


これが今の2大「待つ」だなww

 




昨年カイガラムシでボロボロになっていた多肉のシルバースターが太い茎を伸ばしていた。

けっこう立派に回復~2012-04-03 006

とっても上品な色の花を咲かせていたの。奥には雪の庭が・・・

2012-04-03 005~ミニチュアの百合のよう






介護の一番大きな仕事って「待つ」なんだってさっき思った(さっきかい!)

「デイでお風呂に入った後の化粧水とか髪につけるクリームが私には今まで一度もない。」とか言うので毎回持っていっているポーチを開けてみせて説明をしたり~ご飯は小さく切ったりすれば今のところ自分で食べられるので、ゆっくり1時間以上かけて食べるのを待っていたり~毎日寝る前の尿とりパッドの説得をしたり・・・

ものすごく時間をかけて生きているのに付き合う。





その割りにお薬を5~6個いっぺんに口に入れて飲もうとしてゴホゴホむせるので、思わず言った言葉が

 「もうちょっと丁寧に生きなさ~~い!」 

84歳の母に言う言葉か・・・w若輩ものがすまん・・・




いよいよお試ししてみるか~と初めて使ってみた「トロミ剤」~いつかこんな日がくると買って用意をしておいたものです。うん。ちょっとは良いかも。ま。「丁寧に飲む」ことが出来ればいい話なんだけどw


ゆっくり喉に入っていく~2012-04-03 021







時々言う昔話は戦争中に家族でいた中国の上海での暮らし。戦争中にもかかわらず裕福な暮らしをしていたらしい。

先日ケアマネージャーさんが言っていた「認知症が進むと年齢が自分の一番良い時代に戻りますよ」という言葉を思い出した。母はきっとこの時代にワープしちゃうんだろうなぁ~18才~20才あたり?その時は呼び方を「おばあちゃん」じゃなく「○○子さん」と変えるそうな。それでないと返事をしてくれないってw

了解!

その時はなんだか切なくて泣きながら名前を呼ばないようにしなくちゃね。









ランキングに復活しました下の写真をクリックしていただけるとポイントが入ります。

              にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
              にほんブログ村




優勝しました!~ガーデン・エクステリアブログトーナメントに「レンガの飾り塀~完成」の記事で参加しました(1記事の期間限定のトーナメント制)応援ありがとうございました

                        ガーデン・エクステリアブログトーナメント - 花ブログ村
                         ガーデン・エクステリアブログトーナメント






関連記事
スポンサーサイト

コメント
 うちは孫である息子が普段からふざけて「美代子さん」とか「みよ彦」と呼んでいるので、切なくなったりしないかも…普通は切ないんでしょうね。うちはまだ認知症ではないと先日はっきり内科の医師に言われたけれど、遅かれ早かれ来る時は来ると思っていますが、母の為に食後の片付けとかわざとやってもらっていて、それを後ろで見ていると息子はそんな母のことを「みよデレラ」などと言い始めましたよ。シンデレラみたいにいじめられて家事をさせられているみたいだって(笑)
猫亀さんdot 2012.04.05 22:04 | 編集
寝たきりだった祖母は、最後まで認知症は出なかったんだけど、
たまに団地に住んでるのに、
「そこを開けると階段があるでしょ?」って言ってました。
いつも、同じ天井や景色ばかり見ていると、混乱するんですって…
私のことも、姪っ子の名前で呼んだり…
痴呆症かな?と思ったけど、混乱であってボケではないらしい。

「待つ」は本当に大変なことですよね。
私はとっても苦手かも…
えこが散歩に行きたいって言うのを待つなんて、絶対に無理だわ(^^;)
朝のお散歩なのに日が暮れちゃうもの。
Saoekodot 2012.04.05 22:04 | 編集
待つって想像以上に難しいですよね。家族だと遠慮もなくなってしまうのか、自分はすぐにイライラしてしまいます。もっと認知症の症状が進行したら、また違ってくるのでしょうけれども。
「もうちょっと丁寧に…!」は共感します。自分もたまに、母を諭すような口調になってしまうんですよね。それに気付いて一人で複雑な気分になってます。
もうdot 2012.04.05 22:27 | 編集
こんばんは。

そうですね。
うちは義母も母も 認知症ではないけど 凄い家のお嬢さんだったと言います。
義母は学校へ行くのに 全部自分の家の土地を通っていったといい
母は 小作人を何人も雇っていて 父(42歳で亡くなった私の父)は小作人だったけど 親の反対を押し切って 結婚したとか・・・

二人とも 何か物語の主人公に置き換えているのかなぁ??
実際は 凄い貧乏人だったんです。
夫も私も子供の頃は・・・

はーとdot 2012.04.05 22:29 | 編集
うちもやはり満州でお嬢様ぐらしをして多感な時期を過ごしたせいか・
時々でますね。

「こんな荒れた手はしてなかった。いつも高級クリームをつけてもらって、コートはすべて毛皮。きつねのマフ(多分手を入れる筒状のもの)きにいってたよ。」やらレースもリボンも全部絹でデ、絹の服しか来たことなかったやら・・・

まだ認知症ではないはずの実母。最近は一番良かった時代の記憶がよみがえるよーですよ。

話を同じ話なんだけど、聞くのも待つだもんね。
でもさぁ・・・娘としてはあまり聞きたくない話ではあるね
きつね母じゃdot 2012.04.05 23:36 | 編集
こんばんは~~

『待つ』か・・・
いい言葉やね。
でも人間急ぎすぎて生きてきたせいか
なぜか難しい言葉よね。

人間はあかちゃんで生まれそしてまた赤ちゃんになって人生が終わるんだと・・・

わかっていても自分のペースとは違うから
つい面倒だと思ってしまうもんね。

私の親は今は妹夫婦と同居してる。
けど、これから先、介護が必要になったら
私が見てあげようと思ってる。

そうしようと思ったのは今年のはじめ・・・
なぜかそう思ったんよね。

今まで妹のおもりで苦労してきた親だから
ゆっくりさせてあげたいな~って思った。
でもきれいごとでできるわけじゃないから・・・
かなりの知識と覚悟は必要やと思う。

でも、それそ思ったってことは、そうしなさいと
なぜか言われてるのかと思ったんよね~

いつになるかわからない。
まだ親に心配かけてるのは私の方やから・・・
はやく心配かけなくてすむようにしなきゃね~

ミリわんさんのブログがどれだけ勉強になるか・・・

roco*dot 2012.04.06 00:26 | 編集
こんばんは♪

お嬢さを「「待つ」のとお母さんを「待つ」のは意味合いが違いますね。
お嬢さんを「待つ」のは結果が出るけれど、お母さんを待つのは結果が出ないこともありそう。その結果も想像とは違っていたりして・・・。
そういうことを毎日繰り返しているんですね。

トロミ剤なんてあるんですね。
上手に飲めるといいですね。
ゆんこdot 2012.04.06 00:41 | 編集
私はせっかちな人間なので「待つ」が苦手です。
将来介護をすることになったらイライラしちゃいそう…でもミリわんさんのブログを思い出して、できるだけ優しくできるようにしたい。勉強になります。
今、私の母は、妹の赤ちゃん(重い病気があります)の世話に毎日妹の家に通っています。「暇だし、家にいても赤ちゃんの将来を悩んでノイローゼになりそうだからいいの」と言っているけれど、私ももっと妹の家に通って色々手伝ったりお喋りしてきたいと思います。
義理母よりも実の母が認知症になった方が精神的に辛いかもしれませんね。母のことを名前で呼んだことなんてないし…
hanadot 2012.04.06 06:31 | 編集
こんにちは♪
娘さんの朝起きてくるのを待つのはやめたほうがいいのかもしれないね。
好きなだけ寝させてあげたら、
今はそんな時期ではないのかな?違っていたらごめんなさいね。
そうかあ。好きなだけ寝させてあげてるから待ってるのかな?

友達のお父さんも施設に預けたらどんどんと認知症が進んで
ご飯食べることも拒否するらしいよ。
あばれるんだって、そうすると施設の人も家族に毎日のように来てくださいって言ってくるから毎日行くと泣きながら家に帰りたいと言ってくるのだそうよ。辛いよね。
でも友達も面倒お母さんと見ていたんだけど、病気になっちゃたのね。
だから施設に入れたんだけど、自分の親だと施設に入れるのも凄い
罪悪感だって言ってた、ましてや泣くので、5分といられないらしいね。

とろみ剤なんてあるのね。子供にもいいのかなー?


Loveママdot 2012.04.06 11:28 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。