--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
04.07

本音

Category: 介護の話
今日から月に一度のショートステイの日です。

昨夜は「ショートステイ」とはなんぞや?という講座を母に2時間・・・ますます認知症が進んできて「一度もお泊りなんか行ったことない」とか「なんで私が行かなきゃならないの?」とか「お友達と一緒だったことなんてない」とか・・・

毎月のことではありますが、毎回疲れます。それでも納得するまで話します。

瞬間的ではありますが、一度納得すると解ってくれます(あきらめてくれると言うべきか)








明日はイースターなのでゆで卵を大量に入れてタルタルソースを作りました・・・ええ・・・こじつけです・・・いつものゆで卵便利グッズを使いました。

2012-04-07 003 2012-04-07 004

これを使うようになってから、ゆで卵を気軽に作れるようになりました。だって、オムレツの方がすぐ出来るでしょう~スクランブルエッグならもっと早く。そして、ゆで卵の殻がスンナリと剥けなかったら超ストレスだったし

エコ商品「缶のガス抜き器」を卵の広い方にプスっと押すだけで、ゆで卵の殻はツルンと気持ちよく剥けますこのちょっとだけ出る針がツボなんですね。

2012-04-07 005 2012-04-07 006

今日はヤマザキの「やわらか食パン黒糖」にたっぷりの卵タルタルソースを塗って食べました。









私は最近特に、母への説得は「本音」を言うようになりました。

いろんな本を読んでいると「お年寄りのプライドを大切に」という理由で「本当のこと」ではなく優しいウソでもいいから納得させる、とあるのです。

最初のうちはデイサービスにしても、ショートステイにしても、「あなたの健康のため」とか「義父の介護の時間につかいたいから」とか、そんな理由をケアマネと一緒に言っていたと思います。




でもね~2012-04-07 001




それは感情的にも納得できないのですね。「別にもう年とっているのだから運動しなくてもいい」「私は一人でなんでも出来るから置いていっていいから。留守番しているから、あなたはお義父さんの所へ行けばいい」

・・・自己防衛のためですから、母も必死で、ああいえば~こういう~




「キレイ事」って心に響かないんだなぁ~って思いました。






2012-04-07 002~昨日の私が母に言った「本音」 




私 「今、私は、毎週金曜日、お義母さんを整形外科にリハビリに連れていって、習い事へ送り、たまにトイレの掃除とかし、捨てに行けないゴミを持って帰ってきているの。いつもママのデイサービスから帰ってくる4時ギリギリに家に着くから、知らないでしょう~?」

母 「知らない」

私 「ママは何でも出来るって言うけれど、実際はご飯やお掃除、洗濯はしていないよね。お薬の管理も大事なことだし、時間の管理もすべて私がしていると思っているよ。」

母 「・・・」

私 「私は、はっきり言ってママの老後は幸せな老後を過ごしていると思っている。」

母 「もちろん幸せだと思っているよ。」

私 「今、親たち3人の介護をしていて私も休みたいの。月に一度2晩、私を休ませて欲しい。行きたくない気持ちは解るけれど、この家で一緒に住むなら家族全員が少しずつ我慢して暮らそう。私が元気に介護できるように月に一度ショートステイに行ってください。」

母 「・・・解った」




・・・ええ。鬼のような娘かもしれません。

以前なら、母はこれで幸せといえるのだろうか?私はもっと出来るのではないだろうか?などと自分を追い込んでいるところがありました。

でも。人と比べるのではなく。母のこの生活は十分、幸せな老後だと思いました。

生きていくうえで、何かを我慢する。何かを捨てる。

年をとれば更にそぎ落としていかなければいけない事がある。

あきらめる。

生きるために前向きに。

あきらめる。

若い頃と同じ生き方は出来ないのだと。

あきらめる。




これからの生活はどれだけ捨てる覚悟、あきらめる覚悟が出来るか?がキーワードかな?





ああ~課題は見つかった・・・それもたくさんの課題が




・・・・・・・っということで・・・


私はこの休暇をちゃんと休みます

いつもは行けないレイトショーの映画(劇場版SPEC~天)を観に行ってきます





今日はコメなしポチ逃げしていきます~


ランキングに復活しました下の写真をクリックしていただけるとポイントが入ります。

              にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
              にほんブログ村




優勝しました!~ガーデン・エクステリアブログトーナメントに「レンガの飾り塀~完成」の記事で参加しました(1記事の期間限定のトーナメント制)応援ありがとうございました

                        ガーデン・エクステリアブログトーナメント - 花ブログ村
                         ガーデン・エクステリアブログトーナメント




関連記事
スポンサーサイト

コメント
こんにちは♪

本音を言えるようになるまでの道のりを考えると、ミリわんさんの苦脳(と簡単には言えないくらいの)、努力(これも簡単に言えない)の四文字が浮かび上がってきます。

映画かぁ。
もうずっと観ていないなぁ。
ゆんこdot 2012.04.07 19:32 | 編集
介護は本当に大変だもん。お休みがない仕事だもんね。
もしそこにお休みが取れるのなら、取った方が良いよ^^

認知症だから、わからないとかじゃなくて。。やっぱり優しいうそよりも
判らないかもしれないけど、本音で話して欲しいと思うよ。

ゆっくり映画鑑賞してきてね?わたしのよーに、映画館でねないよーに
(爆)今だ・・内容ぜんぜん記憶にございません。^^;

後ろの方すみませんね~いびきかいちゃって。www

  オバちゃんをゆるしてね~

      でも前より良かったとおもうよwww

言い訳をここですなって話ね^^v

             
きつね母じゃdot 2012.04.07 20:50 | 編集
こんばんは。

お母様 凄くお幸せですよ~~
さぁ ゆっくり骨休めして下さいね。
はーとdot 2012.04.07 21:09 | 編集
読んでいてウルっとしてしまいましたよ。
我が家の母は認知症の診断が出て薬も処方されていますが、薬のお陰か、知らない人からは認知症扱いされないことも多いです。そんな母は、やはり嘘や誤摩化しを見抜きます。
将来の症状亢進を見据えた上で、今から全て(病名以外)説明し、納得させるようにしています。息子を認識できる間は、できるだけ長く、「自分の息子は嘘を付かない」と思い続けてほしいなと思っています。

ミリわんさんが鬼娘なら、自分なんて閻魔になっちゃいますよー!
もうdot 2012.04.07 23:26 | 編集
缶のガス抜き器で卵のからむき、いいアイデアですね (^o ^*)
さっそく、今度やってみたいです♪
介護のやり方は、そのご家族のそれまでの歴史にそって、
いろんなやり方があって、いいんだと思います。
本音でいいと思います^^

(わたしの場合もウソはつけない性格なので、
ショートに行ってもらえるように話す時に心がけたのは、
とにかくいっぱい声をかけること、
笑顔でいてくれるように心をつくすこと、
○○をして欲しい、してくれると「わたしが」助かると、
頼む形で話すこと、
○○してくれてありがとうと、お礼を言い、
(今はひとつひとつの動作の声かけ時にもお礼言ってます。)
感謝の気持ちを常に伝えることで乗り切って来ました m(_ _)m
まぁ、初めの頃はショートから戻って来た時の混乱が激しくて、
途中、2年ほど、ショート自体を休止したこともある、
ヘタレなわたしですがw )
Manadot 2012.04.08 11:31 | 編集
v-22本音と優しい嘘、いろんな人間関係でも、考えちゃいますよね
先のことを考えると本音の方が良いと思う
でもこれが自分の親じゃなければ、やはり難しいんでしょうね

ともかく、ここまでの道のり、すばらしいです
葉っぱdot 2012.04.09 18:21 | 編集
 全うするためにお休みを貰うんですから。
猫亀さんdot 2012.04.09 21:00 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。